TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/15 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1114123 更新:2013年01月01日

4年光村「はばたき」の発問・指示について(2001.1.21)


このページは 1 教材詩について  2 指導計画について 3 発問と指示の案  考察を含む  です。

1 教材  「はばたき」四年 巻頭詩 光村 下

はばたき
    羽曽部   忠 (詩の掲載されている扉ページには、作者名は書いてありません)※裏表紙をさがすとわかります。

2 指導計画案 1時間完了  ⅠからⅢ(3の発問と指示の案)を45分間に組む 

  ※ 現在4年担任であるが児童への授業は未実施 初稿 2001,1,5

構成  Ⅰ 読みもしくは視写指導
    Ⅱ 一字読解の発問
    Ⅲ 中心発問

  時間配分の例
     (1)と(2)で15分から20分、(3)のひとつを選んで残りの時間を討論とする
    ※視写指導をすると(1)と(2)で15分以上かかる。
    ※(3)のDを選ぶと、前半を15分以内にしないと、絵をかく段階で時間が
      かかるので、討論が中途半端になりやすい。
     (絵をかくことになれていれば大丈夫かも)

3 発問と指示案    発問に付記したお名前の方々に、了承をいただきましてアップしました。2001、1,21

Ⅰ 読みの指導 (回数の確保)

範読一回 「白鳥」を「はくちょう」と読むことを知らせる。その後、
   全員起立
  前を向いて一回、教科書を見ていいので南側(窓側)で一回、後ろを向いて
  一回、廊下側で一回、計4回声に出して読んだら座って、この詩を覚えてい
  なさい。
  読み(1) (正確さの確認)
   隣同士で1行交代でよみなさい。最後まで読んだら、行をチェンジして何
  回も読んでいなさい。
  読み(2) (全員の斉読)
 暗唱(3) (確認)
   全員起立
  隣同士で覚えたかどうか確認します。
  一分間待ちますから、お互いにチャレンジしなさい。
  ふたりともできたところは、座っていきます。

Ⅰ 視写指導  (5分以上かかる)

  A 教科書を写しなさい
  か
  B 先生の書く通りに写しなさい。
であるが、
 Aの場合は、ノートにどう書くのかの指導が以前になされている必要がある。
  そうでないと、細かく指示をしていかないと、混乱する。
  Bの場合は、1行書くときに、ノート指示ができるので簡単である。
  しかし、Aより時間はかかる。

写したあとどうするか。
 正確かどうか確認する。(隣同士ノートの交換)
 この一文詩では、次のことに留意させたい。
  ・句読点の数、(特に4行目の句点なし)
   ・「きた」と「くる」の書き分け
   ・最後の行の「の」があるか、ないか 。

Ⅱ 一字読解発問案

指示 ノートに①から⑩までの数字を上に横並びにかきなさい。(箇条書きに)
説明 今から、先生が問題を出すので、その答えをその番号の下に書きなさい。
発問 (1) 題は何ですか。
   (2) 作者はだれですか。
   (3) 句点はいくつですか。
   (4) 読点はいくつですか。
   (5) まい下りてくるときの様子は、どんな様子ですか。
     ※下りてくるものは、ゆっくりですか、早いのですか。(松本氏)
   (6) 季節は春夏秋冬のうち、いつですか。
   (7) 白鳥のやってきた空は、東西南北のうちどの方角ですか。
   (8) 述語は何ですか。
   (9) 小さな羽の色は、何色ですか。
    (10) 話者が見ている方向は、次のうちどれですか。
                地面の下向きですか。
                 地平線のある水平方向ですか。
                空のある天を向く上向きですか。
   (11) 話者は、家の中ですか、外ですか。
    (12) 小さな羽は、何から飛びちってくるのですか。

(氏名のあるのは、4年MLで教えていただいたものより)
※(1)から(4)までは、どの教材でも共通して使えるもの(木村氏)

Ⅲ 中心発問について(太字氏名のあるのは、4年MLで教えていただいたものより)

4年MLから抜粋  詳細は松本俊樹氏のHP「はばたきの発問集」にあります。

中心発問 A 雪はふっているのですか、いないのですか。(田代氏、武藤氏のHPより)
     B まい下りてくるものは、雪ですか、羽ですか。(田代氏)
     C 話者に見えているものは、何ですか。(武藤氏のHPより)
     D 詩の様子を絵にかきなさい。 (木村氏)
     E 「あれ」とは、「雪」なのですか、「羽」なのですか。(松本氏)
     F まい下りてくるのは何ですか。(喜屋武氏)
     G 「ふわりふわりとまい下りてくるのは雪ですか。それとも、白鳥の
       小さな羽ですか。(高橋氏)

山下の考え  
 ア Fのまい下りてくるのは何ですか。(喜屋武氏)
 イ 白鳥は、話者(用語が未指導の場合は「空を見ている人」)に見えていますか。いませんか。
                                                    (松本氏)
 ウ この詩を一つの色で表現しようとすると、何色ですか。
   (近藤氏の「この詩の色をあげなさい。」を参考にしました。)

発問についての考察 

4年MLの発問の抜粋についての山下の考え
 ※ A,B,E,F、Gはいずれも、まい下りてくるものは、何かを問う発問であ
  り、「雪」派と「羽」派に意見が対立することを想定している。
   4年で授業をなさった方の記録では、「羽」派が多いそうである。「挿し絵」に
  は、「羽」が書かれているので、そのイメージが強いのだろう。
 
  ※※ 話者の「見え」を問うのがC、Dの発問である。
  ※※※ 問題は、「雪」か「羽」かである。私の解は「雪」。「雪」を「小さな羽」 にたとえている詩と
       とらえている。根拠は、「ではないのでしょうか」の「か」を「相手の同意を求める終助詞の
       か 」と考える。また、「疑問、もしくは問いかけの終助詞 か 」でもよい。
       「反語表現」とは考えない。
 
反語表現に関しての考察
  私の考えとしては、詩のイメージから、「小さな羽ではないのでしょうか。いや、ちがう雪である。」と
  の解釈は、語調がきつくなるので支持しない。
  しかし「反語表現」が、「雪」であることの解釈の根拠となるのかどうか、よくわからない。
  それは、次のような理由である。
  反語表現ととらえたとき、「小さな羽ではないのでしょうか、いやちがう。」なのか
                「小さな羽ではないのでしょうか、いやそうにちがいない」  
       の、どちらが正しいのか。
  私は、「羽ではないはずはない。」つまり「羽だ」となるように思えるのです。
   理由は、以下の(山下が考えた)文例と下記の広辞苑の(1)です。
      参考例文  君は男ではないのですか、 いやちがう、おんなだ  疑問の「か」
                    いやちがわない、男なのだ 反語の「か」」
       それくらいのことを覚えていないのか  いや覚えているはず 反語
                         はい、忘れました 疑問の「か」
 

広辞苑より  
 反語・・・・(1)断定を強めるために、言いたい意の肯定と否定とを反対にし、
        かつ疑問の形にした表現。「そんなこと知るものか」の類
       (2)表現面と真に表したいことをわざと反対にし、しかも真意をほ
        のめかす表現。朝寝坊した人に「早起きですね」という類
 

 私の詩文の解釈 「白鳥のやってきたあの空から、なにやらまい下りてくる。あれは、
            雪のはずであるが、ふわりふわりとまい下りて来る様子はとても雪
            とは思えない、まるで白鳥たちのはばたきから生まれた小さな羽が、
            羽ばたきにあわせて飛び散っているかのようだ。そう思わないか。」
 

 最後の「か」と挿し絵の「白鳥」と「羽」の存在をどうとるか、でかなり解釈が変わってくる。

 
参考 太字は、山下の考えの根拠
 「か」 終助詞 (1)詠嘆 (2)疑問で終止 (3)問いかけ (4)反語 
         (5)多く「ない」を受けて、相手の同意を求める。
          用例 なんとも奇妙ではないか
         (6)相手の非難 (7)名前への接尾語 
       
         (5)だけでなく(2)や(3)も解釈ができる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド