TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/15 現在)

21530
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7507221 更新:2012年12月31日

特別支援QA やる前から「できない」という子への対応


Q 低学年です。クラス全員で取り組む課題を、やる前から「できない」と何度も訴えます。教科書やノートの出し入れも遅く、集中力ややる気も感じられません。  どうやって、授業に参加させたらよいでしょうか。

A 授業の始めに一緒に教科書などを出して、声をかけましょう。

この子は、先生に甘えたいのだと考えられます。教師がついていれば学習に取り組むけれども、教師が別の子どものところへ指導に行ってしまうと、手いたずらなどをしてしまうという事実もあります。

作業の始めにそばについていて、個別指導をしておきます。
「もう少ししたらまた来るから、それまでがんばっていてね。」と声をかけます。

再びこの子の指導に行ったときに、自分だけでやっていたら、
「えらい、やればできる。」とほめます。

教師がそばについていなくても、自分だけで取り組めたことをほめてあげるのです。

担任がこのような対応で少しずつ一人でも課題に取り組むことができたこの児童ですが、学年が上がり、担任が替わると元のような状態に戻ってしまいました。
 しかし、新担任がこの対応をしたところ、1ヶ月も待たずに一人でも勉強ができるようになったのです。
 長い目で見てあげて、やれないならばやってあげたり、教師が一緒にやったりすることで、少しずつ一人でできるようになるのです。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド