TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/24 現在)

21535
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5873005 更新:2012年12月31日

チャイムがなっても準備が遅い子どもたちがぴたっと揃う指導


チャイムが鳴ったら、遅れてきた子は無視して、すぐに授業を始めよう。
ただし、すぐに作業指示を出してはいけない。
遅れて着席する子は、大事なことを聞いていないので、ポイントをはずしたとんでもない作業を始めてしまう。

まず、その日に押さえるべきポイントを板書する。
たとえば本時は『てぶくろを買いに』の「森」を着色する授業だとする。

1 暗い色でぬる
2 薄くぬる
3 線を踏まないようにぬる

このように板書する。
ここから教室に来ている子どもを相手に授業を始めてしまう。

T 一緒に読みます。さん、はい。
T 一。暗い色でぬる
S いち。くらいいろで
T そろっていません。やり直し。さん、はい。
S いち。くらいいろでぬる。
T 二。薄くぬる
S に。うすくぬる。
T 三。線を踏まないようにぬる
S さん。せんをふまないようにぬる

この時点で、まだ着席していない子が席に着こうととあわて始める。
学習が始まってしまったために、あわてるのである。
教師が、怒鳴ったり、注意したりしなくても、学習を始めている子に追いつこうと行動するのである。
ようやく着席した子ども達にも、板書した3点を読ませるために、再度音読させる。

T 全員起立。
T 大事なことなので、念のためにもう一度読みます。読んだ人から座りなさい。

これで、全員がそろう。
全員が着席した後で、今度は「一時に一事の指示」で作業を始める。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド