TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/23 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3120042 更新:2013年01月01日

一歩先行く時間の使い方


女教師は時間がない。(ことが多い。)
結婚して、子どもがいて、家族が増えると、自分の都合だけで時間は使えない。(ことが多い。)
私のように、家事も育児も手抜きですませている者でも、やっぱり時間がない。
でも、「仕事のできる人は時間の使い方がうまい。」というのは事実のようだ。
「いつのまにしたの?」と周囲の人が驚くほど、手際よくてスマートでかっこいい。
「忙しい! 忙しい!」なんて、ぐちぐち言わない。
ああ、そんなかっこいい女教師になりたい!!!

職場の同僚に、とても仕事の速い人がいた。
「○月○日ごろに社会見学に行きたいね~。場所は○○あたりがいいんだけど・・・。」
なーんて話していると、次の瞬間もう電話をかけている。・・・という具合だ。
「教室に掲示するのに、こんな○○がほしいなあ。」
と話していると、いつの間にかパソコンでさささっと作って、プリントアウトしている。
「どうして、そんなに仕事が速いの?」
と聞いてみたことがある。
すると、彼は言った。

その1/  1週間先、1ヶ月先のことを頭に置いて行動する。

「常に、1週間先あるいは1ヶ月先のことを頭に入れて、過ごしていることさ。」

見通しを持って行動しているわけだ。
当たり前と言えば、当たり前だが、毎日の仕事に追われている自分が、せいぜい翌日のことしか頭に入っていなかったことに気づいた。
それから、行事だけでなく、授業の進度も計画を立て、
「来週にはこれをしなくちゃいけないから、今日はここまで仕事を進めておこう。」
と常に意識するようにした。
算数や国語でも、こまかなページ数、問題番号、スキルのページまで、先々の予定を立てた。
スムーズに行くと、予定より進むときがある。
そんなときは時間的にも精神的にも余裕ができて、子どもたちとの関わり方にも影響していたと思う。

その2/  今できることは今する。

向山先生は、先日も、新しく出版される漢字文化の本の前書きを依頼されると、その場で、すぐ原稿を書かれたそうである。
後回しになんかしないのである。
私はめんどうだとついつい「後でしよう。」と思ってしまう。
そこがだめだ。
月末統計や依頼文書、調査アンケートのたぐいなど、時間をかけて考えたって仕方のないものは、その場で即刻片づける。(ように心がける。)
サークルに持っていくレポートだって、こんなこと書いたら恥ずかしいかも・・・なんて迷ってる暇があったら、その場でちょこちょこっと書いておく。
その日にしたことは、その日のうちに記録に残しておく。
ぼーっと考えてる暇があったら、行動することだ。
(でも、私は、ぼーっとしているのも好き。)

おまけ。
よく、私が家人に言われることは、「どうでもいいことに時間をかけている。」ってことだ。
やらなきゃなんないことを後回しにして、やりたいことから始めてしまうからだ。
どうもこれが、かんじんな仕事が進まない原因の最たるもののようだ。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド