TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/21 現在)

21530
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7360040 更新:2012年12月31日

TOSS体育授業研究会について


Nemoto

1.TOSS体育授業研究会の目的

 TOSS体育授業研究会は、教育技術の法則化運動(現TOSS)の中で生まれた。教育技術の法則化運動は、すぐれた教育技術を分かち伝えていこうというものである。
 その原点になったのが、向山洋一先生の跳び箱の指導法である。跳び箱の跳べない子供が向山式A・Bの方法によって跳べるようになった。
 体育のすぐれた教育技術を跳び箱の指導法のように発掘し、多くの教師に役立ていきたいというのが、法則化(TOSS)体育授業研究会設立の趣旨であった。
 昭和62年2月法則化体育授業研究会(代表・根本正雄)が発足した。「法則化体育」は、この研究会の略称である。
 法則化体育のねらいは、次の三点である。

 1.楽しい体育の授業を組み立てるための指導法を確立する。
 2.技術を習得させるための指導法を確立する。
 3.「追試」による研究法を確立する。

 一つは、楽しい体育の授業を組み立てるための指導法を確立することである。
 一時間の授業をどのように組み立てるのか、一単元の授業をどのように構成していくのかについて実践を通して明らかにしていく。
 第二の目的は、技術を習得させるための指導法を確立することである。
 これまでの研究は、対象が広く、方法がはっきりしなかった。そのためにどの方法でどれだけやるとどのくらいできるかが示せなかった。
 法則化(TOSS)体育授業研究会は、一つ一つの教材に即して、できるようにする指導技術を開発した。
 第三の目的は、「追試」による研究法の確立である。
 開発された指導技術が、どの程度効果があるのかを多くの追試で確かめていく。その中から、さらに優れた指導技術を確立してきた。

2.法則化(TOSS)体育の成果

 ① 誰でもできる授業づくり (1時間・1単元の授業)

 誰でも跳ばせられる指導のマニュアル化によって、全国の若い教師の共感を得ることができた。
 法則化運動に対する批判の多くは、授業の画一化によって子供の個性が伸長されないというものであった。
 法則化(TOSS)体育は「誰でもできる楽しい体育」を主張してきた。法則化(TOSS)体育が多くの若い教師に受け入れられてきたのは、単なる指導法の開発をしてきたからではない。
 「誰にでもできる」指導法の開発と同時に「授業作り」の原理を打ち出してきたからである。
 目的、内容、方法が示されることは重要なことである。「授業作り」をしていく上で大切なことは、それらをどう授業に生かしていくかである。
 今までの体育の授業に欠けていたのは、授業作りという視点である。若い教師に難しい目的、内容、方法を示しても、すぐに消化することはできない。法則化(TOSS)体育はそこに授業作りの方法を提示したのである。
 つまり、テクニカルポイント、発問・指示、場づくりを示すことによって、誰でも出来る授業づくりを提唱した。

 1 テクニカルポイント
 2 発問・指示
 3 場づくり

 法則化体育では、それらの成果を踏まえて全領域にわたって、単元全体の指導を「全発問・全指示」の形でまとめた。
 そこでは、一時間、一単元の指導のあり方が示され、『全発問・全指示シリ-ズ全20巻』(明治図書)としてまとめることが出来た。

② 習熟過程に基づいた指導法の確立

 法則化体育の初期は、片々の指導技術が多く系統的な指導は見られなかった。
 開脚跳び、閉脚跳び、逆上がり、側方倒立回転、平泳ぎの指導と個々の教材に即した指導法の開発が中心であった。
 毎日の指導に悩んでいた若い教師や女教師からは、すぐに役立つという評価を得、多くの追試の報告がなされた。
 しかし、体育の専門家や研究者からは片々の指導技術で系統的指導がないという批判があった。
 出発は個々の教材の指導開発であったが、それらを行っていく間に新しい指導系統を発見するに至った。
 それが習熟過程である。三段階の指導を行っていけば、誰でもできるようになる。

 1 基礎感覚
 2 基礎技能
 3 運動づくり

 法則化体育は器械運動の指導開発を中心に実践してきた。子供のつまずきが多く、教師にとって指導しにくい領域だからである。
 鉄棒の逆上がり、後方支持回転、前方支持回転、マットの側方倒立回転、跳び箱の抱え込み跳びを指導しているうちに、できない子供に共通したつまずきがあるのを発見した。
 6年生で、逆上がりは連続10回以上できるのに、後方支持回転がどうしてもできない子供が何人かいた。
 後方支持回転のできない子供に側方倒立回転の指導をした。すると、腰が上がらず側方倒立回転ができないのである。
 顔が上がり、逆立ちの姿勢ができないのである。かえる倒立をさせたところ、2~3秒しかできなかった。
 その結果分かったことは、側方倒立回転の運動には基礎感覚作り、基礎技能作り、運動作りが必要であることであった。
 逆さになって、自分の身体を支えられる能力がないと、出来るまでに時間がかかり指導しにくいことが明かになった。
 逆さ感覚、腕支持感覚などの基礎感覚作り、基礎技能作りが出来ていれば、側方倒立回転は簡単に出来ることが分かってきた。
 個々の指導技術の開発を通して、一つの大きな運動の系統を見直すことができたのである。
 それらの成果を『心と体を育てる体育授業セミナ-全9巻』(明治図書)にまとめることが出来た。

 ①鉄棒運動 ②マット運動 ③跳び箱運動
 ④短距離走 ⑤走り幅跳び ⑥障害走
 ⑦サッカ- ⑧一輪車   ⑨表現運動

 いつでも、どこでも、誰でも出来るような指導が領域別に紹介されている。
 各巻には子供の発達段階に合わせて、基礎感覚、基礎技能、運動という系統で指導法が示してある。多くの方にとって役に立つ内容になっている。

③ 追試研究法の確立

 法則化体育は追試研究法の確立を目指してきた。ねらいは追試を越えて、新たな実践を創り出していくところにある。
 基礎的な指導技術を学ぶ方法としてすぐれた方法をそのままやってみるという追試の方法がある。
 多くのすぐれた実践を追試する中で、指導技術を身につけていこうという考え方である。
 追試が可能になるためには、手順・方法を明確に押さえておく必要がある。
 追試していく中で教師も子供も新しい方法を発見し、新しい自己を発見していく。
逆上がりにしても私の主張した段階別台付き鉄棒のほかに、くるりんベルトなどの器具が開発され、新たな方法が生み出された。
 子供も自分からコツを発見していく主体的な学習をしていった。その結果私の実践を越える方法が開発されていったのである。
 追試をすることにより、教師の力量を高めることができるのである。
 法則化(TOSS)体育授業研究会には、全国から多くの論文が送られてきた。オリジナルの論文もあるが、追試の論文も多い。
 しかし、ただの追試の論文ではない。やってみてどうであったのかという実践者の意見が書かれている。
 「追試をしたがうまく行かなかった。そこでこんな方法で行ったらうまくいった」という実践報告がされている。
 追試はただの真似ではなく、授業者の創造がつけ加わるのである。主体的な授業作りがなされているのである。
 多くの追試を通して、優れた授業の原理や原則を学び、やがて自己のオリジナルな授業が出来ていった。
 それらは、月刊『楽しい体育の授業』(明治図書)、月刊『法則化体育通信』(法則化体育中央事務局編)を通して紹介されている。
 また、『楽しい体育の授業ビデオシリーズ25巻』(明治図書)として、誰でも追試が出来る形にまとめられた。
 法則化(TOSS)体育は、向山洋一氏の提唱した理念に基づき実践し、以上の成果を残した。

3.『楽しい体育ビデオシリ-ズ』全25巻

① 習熟過程に基づいた実際の授業場面をビデオにまとめてある。動きは分かるが、指導の方法が分からないという声を聞く。本や雑誌で説明されているが、自分が できないのでイメージがつかめない。そういう方のためにデオを作成して、授業の展開の様子をビデオで示し、その中で、指導の方法を具体的に示してある。
 ② 体育の授業に慣れていない方でも、すぐに追試できるような形にまとめてあるので、体育の苦手な教師でもすぐに授業ができるようになっている。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド