TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/13 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1805264 更新:2013年01月01日

モチモチの木(第6時)


  「あかねこ漢字スキル」のテストを行う。
 早い子は1分で終了。2分30秒ほどで全員が終了。
 隣同士で採点。一人ずつ点数を言っていく。教師は記録する。
 二人が100点を逃す。

1 四の場面「豆太は見た」を音読する
 以下の方法で音読練習を行う。
 ①四の場面「豆太は見た」のところを音読します。先生の後につけて読みます。
 ②今度は自分のスピードで読みます。全員起立。
 ③お隣さんと一文ずつ交代交代で読みます。
 ④一人につき一文ずつ読んでいく。

2 「じさまのはらいた」の痛さについて考える
「91ページ10行目から12行目まで線を引きなさい。」
「読みなさい。」

 ま、豆太、心配すんな。じさまは、じさまは、ちょっとはらがいてえだけだ。

発問1:

じさまのはらいたはひどいのですか、ひどくないのですか。
どちらか一つノートに書きなさい。理由も書きなさい。

 すぐにどちらか手を挙げさせる。
  ひどい … 2名      ひどくない … 24名
 5分ほど、ノートに書く時間を取る。
 再び,挙手で人数の確認をする。
   ひどい … 18名     ひどくない … 8名
 発問をして,ノートに書かせるだけで,これだけ大きく変化してしまった。
 そして,「ひどくない」と考えている子どもたちから発表をさせた。
 両方の考えを発表させた後、もう一度聞いた。
   ひどい … 26人    ひどくない … 0人
 最後の教師の解を,動作をさせることで示した。

説明1:

全員がじさまのはらいたはひどいという考えに変わりました。
みんなが言ったことをもう一度、場面の最初から見直してみましょう。
「くまのうなり声」とあります。誰の声ですか。(「じさまの声です。」)
うなり声を出してごらん。(低い「うー」と言う声。)
92ページ。「くまみたいに体を丸めて」とあります。みんな,少しだけ
おなかが痛い。おなかを押さえてごらん。今度はすごく痛い。(体をまるくなる。)
もっと痛くなる。(もっとおなかを押さえる。)
ほら,熊みたいになったでしょう。我慢できないぐらい痛い。(全身に力を入れて我慢しているような感じになる。)
顔に力が入ったでしょ。歯にも力が入った人?(ほとんどの手が挙がる。
「ころりとたたみに転げると,歯を食いしばって,ますますすごくうなるだけだ。」と書いてあるでしょ。

 この説明で,痛みが激しいと体が丸くなり,うなる,歯を食いしばるということを子どもたちは実感したようだった。
 さらに,突っ込む。

発問2:

「ま、豆太、心配すんな。じさまは、じさまは、ちょっとはらがいてえだけだ。」
実は,この文の中にも,じさまの痛みが激しいという証拠になる言葉があります。その言葉を丸で囲みなさい。

 ピーンと来た子はすぐに丸をつけ,「はい」と手を挙げた。
「2つあります。」と言った。
 勘の鋭い子はこれに反応した。
 ヒントを言った。「この文を普通に言うと,どうなりますか。」
8割ほどの子が手を挙げた。2割くらいの子はわからないと,悔しそうにしている。
 そこで,説明した。

説明2:

この文を普通に言うと,「豆太,心配すんな。」になります。
しかし,おなかが痛くてたまらない状態で言うと,「ま,豆太,心配すんな。」と「ま」が入るでしょ。
次の文も,本当ちょっとだけ痛いのなら「じさまはちょっとはらがいてえだけだ。」になるけど,
すごく痛いからは「じさまは,じさまは,」となるのです。

指示1:

じさまの様子を見て,豆太は医者を呼びにいくために家を飛び出します。
飛び出す時の様子がわかるところに線を引きなさい。

 「線を引いたところを読みなさい。」

 豆太は、小犬みたいに体を丸めて、表戸を体でふっとばして走り出した。
 ねまきのまんま。はだしで。半道もあるふもとの村まで―。

 この部分を音読させて,授業を終えた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド