TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/15 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7927214 更新:2013年01月01日

モチモチの木(第4・5時)


モチモチの木(第4・5時)

 あかねこ漢字スキル(左ページ)を12分間。
 
1 三の場面「霜月二十日のばん」を音読する
 以下の方法で音読練習を行う。
 ①三の場面「霜月二十日のばん」のところを音読します。先生の後につけて読みます。
 ②今度は自分のスピードで読みます。全員起立。
 ③お隣さんと一文ずつ交代交代で読みます。
 ④教師対全員で一文ずつ交代で読む。
 ⑤一人につき一文ずつ読んでいく。
 
2 霜月二十日のばんとは

発問1:

「霜月二十日のばん」とはどんなばんなのですか。ノートに書きなさい。書いたらもってきます。

子どもがノートを持ってきたら,板書させていく。
 黒板に書かせて、点数をつけていく。
 教科書の文どおりに書いてくる子もいる。
「そのモチモチの木に、今夜は、灯がともるばんなんだそうだ。」

 文の終わりは「~ばん」で終わる。これができていないとマイナス50点。
「その」をつけているとマイナス20点。
「今夜は」もいらない。マイナス20点。
 つまり,教科書そのまま書いてきたら,10点になる。

もう一度、同じ発問をする。

発問2:

「霜月二十日のばん」とはどんなばんなのですか。書いたら持ってきます。

 持ってきたら,板書させていく。
 先ほどの基準で,点数をつけていく。
 文末がほぼ「~ばん」になってくる。
   そのモチモチの木に、今夜は、灯がともるばん。
 この文を取り上げて、「おしいなあ、いらない言葉が2つある」と言う。
 同じ発問をもう一回する。3回目である。
そして,もう一度持ってこさせ、板書させる。

  モチモチの木に灯がともるばん。

 これを正解とする。100点がずらっと並ぶ。
 書けなかった子はノートに書いておくように,指示する。

発問3:

「灯」と「火」では,意味はどう違いますか。

発表させた後,教師が説明する。

説明1:

「火」は燃えている火のことで,「灯」はあかりのことです。モチモチの
木に灯がともるということは,木が燃えているのですか。違うよね。
光がついたように明かりがともることですね。

第4時の残り時間が5分くらいになったので,じさまの会話文を読む練習をする。
練習後,数人に読ませて,授業を終わる。

第5時の授業スタートとともに,『あかねこ漢字スキル』の時間を取る。
漢字ノートに自分テストをさせる。
早い子は1分で10問やってしまう。すぐにまるつけをさせる。
丸つけが終わったらノートの余白部分に練習をさせる。
それも終わったらノートをもってこさせ,チェックする。日付,番号,丸はきちんとつけているか,点数を書いているか,字形が極端に雑でないかをチェックする。
全員の子が5分ほどで終了する。

「三の場面「霜月二十日のばん」を一回音読します。読み終わったら座ります。全員起立」

発問4:

豆太は灯のついたモチモチの木を見たいと思っています。
では,見たい気持ちは強いのですか,弱いのですか。
ノートにどちらか一つ書きなさい。理由も書きます。

「強い」が12名,「弱い」が14名だった。
指名なし発表をする。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド