TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/13 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7207991 更新:2013年01月01日

『わたしと小鳥とすずと』 全指示・全発問


私と小鳥とすずと

指導計画 3時間 

(第1時は音読の練習30分、第2時本時40分、第3時は発問12と視写と暗唱)
 なお、第2時は、自主研究授業として行ったものである。
 第2時から発問12までを紹介する。

1 音読の練習 *前もって詩を板書しておく。

① 黒板を見て一斉読1回
② 各自音読1回
③ 先生と交互読み2回
④ 男女交互読み2回
⑤ 後ろを向いて黒板を見ずに一斉読1回

2 詩の読み取り

(1) まず、基本的な内容をテンポよくおさえる。

発問1:

 この詩はいくつに分かれていますか。(3つ。3連)

発問2:

 一連は、だれとだれのことが書いてありますか。(わたしと小鳥)

 二連は、だれとだれのことが書いてありますか。(わたしとすず)

 三連は、だれとだれのことが書いてありますか。(すずと小鳥とわたし)

指示1:

 詩の言葉に丸をつけなさい。

(2) 詩の言葉から正確にとらえさせる。 

発問3:

 一連のわたしについて、どう書いてありますか。(お空はちっともとべない)
 一連の小鳥について、どう書いてありますか。(地面をはやくは走れない)
 二連のわたしについて、どう書いてありますか。(きれいな音はでない)
 二連のすずについて、どう書いてありますか。(たくさんなうたは知らない)
  ※ここでも、教科書の詩に線を引かせた。作業を取り入れることにより全員に授業に参加させる。

  ※ここで、ひとつ提案がある。
  ここは、もっとわかりやすく、「○○は、何ができないのですか。」と聞くことを提案したい。
  その方が、答えやすいし答えもぶれない。ここは、さっと進めばよい。

(3) ここで、逆説表現に気付かせる発問をする。

発問4:

 わたしと小鳥とすずには、いいところはないのですか。(ある。)
 それぞれどんないいところがあるのですか。

指示2:

 書けた人はノートを見せにきなさい。

 このように書けていればよい。

わたし…地面をはやく走れる、たくさんうたを知っている
小鳥…空をとべる 、
すず…きれいな音がでる

 (4) 最後に、主題にせまる発問をする。

発問5:

 この詩で、一番大事なところはどこですか。一行だけ波線を引きなさい。(みんなちがって、みんないい。)  

指示3:

 線を引けた人は、理由をノートに書いていなさい。

※ここでの留意点は、一行に限定することだ。その方が焦点がはっきりする。
 また、理由が書けない場合には、「みんなちがって、みんないい。」をわかりやすく説明しなさいと言うとよい。
 このように聞いたところ、「みんな同じじゃない。でもみんないいところがある。」「みんなのいいところがちがっていい。」などの意見が次々と出された。
 自主研究授業は、ここまでである。
 第3時のはじめに、発問12をする。

発問6:

 「みんな」とはなにをさしていますか。 

これは、「わたしと小鳥とすず」と答える子がいるはずである。
また、すべての生き物とか、すべての物と答える子がいるかもしれない。
いずれの場合にも、理由を聞く。

発問7:

 どうして、そう考えたのですか。

 ここで、「わたしと小鳥とすずと」の「と」に注目した意見がでればよい。
 もし出なければこのように聞く。(板書してから)

 わたしと小鳥とすず
 わたしと小鳥とすずと

発問8:

 この二つは、どのようにちがいますか。

 ここで、「と」があることによって、ずっと言葉続く、あるいは、言葉が省略されていると気づけばよい。
 「と」があることにより、「みんな」とは、すべての物ということになる。

 この後は、感想を書かせたり、詩を視写させたり、暗唱させたりという活動を行う。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド