TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/22 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9573315 更新:2013年01月01日

「魔法使いの踊る猫」 クレパス・クラッチで猫を描こう


1 準備物

①クレパス・クラッチの用紙 ②割り箸 ③釘 
④新聞紙(削ったあとの黒い絵の具のゴミが出るためです)

2 描く手順

1 お話

魔法使いの町がありました。この町に住んでいる猫は、夜になると踊り出します。それも、月夜の晩にだけ踊り出すんです。 すると、月の光にキラキラキラと猫が照らされて虹色に見えるんです。踊るのが大好きな黒い猫を描きましょう。

Mahou-neko0

1 猫の顔

描くときは、割り箸を使います。
釘は後で使いますから、まだ与えません。

指示1:

鼻を描きます。小さい三角形を、斜めになるように描きなさい。

Mahou-neko1

指示2:

口を描きます。踊っているのですから、歌でも歌っているような口にしましょう。

指示3:

目を描きましょう。いろいろな目が描けます。左右の形が違っていてもOKです。

Mahou-neko2

顔の形を描きましょう。小さく、横に長い丸にします。

指示4:

耳、ひげを描きましょう。 

早く描いた子どもから描かせる。形は好きなように描かせる。

Mahou-neko3

2 しっぽ

指示5:

長いしっぽを描きます。カタツムリの速さでゆっくりゆっくり描きなさい。ゆっくり描いた方が長いしっぽになります。

Mahou-neko6

3 胴体

説明1:

猫ですから、固そうに見える胴体はダメです。
胴体は、頭のいろんなところから出ていていいのです。

グニャグニャとした柔らかい感じの胴体にします。
これもゆっくりゆっくり、カタツムリの速さで描きなさい。

ゆっくりゆっくり描いている子を見つけてほめる。
「ゆっくり描ける子は賢い」
「天才だ」
「さすがだね」

Mahou-neko7

4 手足

猫の手と足を画面のあいているところに、バラバラに4つ描く。形は、爪みたいなのが3つほどあれば十分だ。
次に胴体と手足をつなげる。胴体から、先に描いた手足に向かって線でつなげる。

指示6:

踊っている猫ですから、まっすぐな足はいけません。
グニャグニャと手足を曲げてつなぎます。

Mahou-neko9

5 猫の毛なみ

猫の毛を描くときには釘を使う。毛を1本1本描いていく。

線というのは重なると汚く見えるんです。1本1本線が重ならないように描きます。
 

Mahou-neko10

まだ描ける黒い部分があったら、子猫を描きます。

まだ描ける黒い部分があったら、子猫を描きます。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド