TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/23 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9533535 更新:2013年01月01日

「生」の漢字文化


「生」の読みの多さを「死」の読みの少なさを対比させた授業

指示1:

(生を黒板に書いて)
読みなさい。「せい」

発問1:

生を使ってノートに言葉を書きます。
例えばどんなものがありますか。

生活,生きる,生卵などを例示させる。

指示2:

3つ書いたら持ってきます。

持ってきたものを見て,1つ黒板に書かせる。

指示3:

右から読んでいきなさい。

発問2:

みんなから出されたように「生」にはたくさんの読みがあります。
いくつあると思いますか?

説明1:

多すぎて正しい数はわからないそうですが,500以上あると言われています。

発問3:

では,「生」の反対の漢字はなんですか?

「死」と答える。
わからない場合は出してもよい。

発問4:

死の読み方はいくつあるでしょうか。

「し」・・・だけかな

説明2:

そうです。「死」は1つなんです。
それに対して,「生」は数え切れないほどの読み方がありました。
昔の人は「生」という漢字に様々な思いを込めていたかもしれませんね。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド