TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/20 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1235031 更新:2012年11月30日

歌い始めのあ・は・ら


歌い始めにブレスをするとき、効果的な口の形

1.歌い始めのブレスを揃える。

    歌い始めのブレスは、全員でそろって、たっぶりと吸う。

    歌い始めにこだわる。

2.最初の言葉が「あ」行、「は」行、「ら」行 のときは、その口の形で息を吸う。 

    「あした」「明るい」「いつか」「いま」「海を」「歌声が」「おかあさん」「大きな」

    「はるかな」「母なる」「はばたけ」「ひとつの」「船」「ほたる」「ほら」「微笑み」

    「ラララ」「ルルル」

    などの言葉は、歌の中でよく使われる。

  歌い始めの言葉を、もっと意識させて、クリアな発音にさせたいとき、その口の形で息を吸う。

 「言葉を大切に」とか、「もっと言葉を意識して」と言わなくても、自然に言葉を意識することができ、声もよくでる。

  歌い始めの言葉を使って、繰り返し練習する。すると、歌の途中で、ブレスの後に同様の言葉が出てきたとき、生徒達はどうすればよいか、気づくようになる。

  できなければ、そのたびに、繰り返し練習する。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド