TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/17 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7031170 更新:2013年01月01日

ADHDの児童が彫刻刀で今まで1度も手を切ったことがない方法


子ども用の軍手を、木を押さえる手にはめる。

軍手を使う3条件
(1) できるだけ厚い方がよい。
(2) 薄いのは使わない方がよい。
(3) なければ、大人用の軍手でもかまわない。

指示1:

版画の木を押さえる手を挙げなさい。

子どもたちが挙手する。

指示2:

挙げた手に軍手をはめなさい。

軍手を忘れた子どもには、軍手を貸し与える。
全員が軍手をはめたか、挙手させて確認する。
次の2つを黒板に書いて、全員で読む。

(1) 彫刻刀は、自分の体に向けないこと。
(2) 版画の木を動かして、削りやすい方向にすること
実際に演じて見せた。

版画を彫る作業が始まる。
子どもたちは、版画の木を動かすことを忘れて、手の向きや体の向きを変えている。

「彫る時間」は、3時間かかった。
T君は彫刻刀が、何度か左手に当たったが、手や指を切らなかった。
他の子どもも、全員手や指を切らなかった。

軍手は、指や手を切らせないための便利な道具である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド