TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/09/21 現在)

21500
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9823900 更新:2012年12月31日

子どもに書かせる


木村孝康  (TOSS向山型指導法研究会ひょうご)

県下加東市の小学校教師をしていた谷先生が、今年の4月から玉川大学教職員大学院准教授になった。
大学院で教えている「10の技術・10の技能」の項目だけを聞いた。
私なりに中身を書いてみる。「技能」が「技術」より高度であることは、誰でも分かる。

 10の技術その8    子どもに書かせる!

 前号も今号もそれぞれ本1冊が書ける中身がある。本通信では触りだけです。
 子どもに考え・気付きを書かせることは、子どもの思考をその時点で固定することになる。
 気付かせること思考させること自体が簡単ではない。
 子どもに書かせるには、大きく言って2つの取り組みが必要と考える。
 1つは、たくさん書ける取り組みである。もう1つは、書く型を学ぶことである。
 たくさん書かせるには、まず指示が大切である。

指示1:

分かったこと、気付いたこと、思ったことを書きなさい。

「気付き」「分かった」だけでは書ける子は少ない。
 しかし、「思ったこと」が入ると違う。
 例えば、写真内容でなく「写真がカラーです。」でもOKになる。
 これなら、気軽に書けることになる。
 もちろんこれだけの指導では足りません。
 例えば「3年生なら3こ、4年生なら5こ、5年生なら10こ」といった目標数値の例示も必要です。
 また、「1つのことで日本最高はクラスで500こ出たそうです。」(筑波大学付属小有田学級)というような、煽りも必要です。
 写真の指導については「雪小モデルの写真読み取り意見分類表」に詳しい。

もう1つの書く型については「アウトライン指導」と呼ばれている。
 まず、例文を読んだり、写したりします(「知る」過程)。
 次に、一部が隠れた文で型を学び、使います。
 隠れた部分は徐々に大きくなっていきます。
 最後は、何もなくても、文型を使って書きます(「使う」過程)。最後は、応用して使います。
 子ども達は、1)型を知り 2)型を使う 3)型を応用する 過程で学んでいく。
 これは、中教審答申にも例示されている、標準的な指導過程である。
 文型を何も知らない子ども達に文を書かせても、ちゃんと書ける訳がありません。
 「何でもよいから書きなさい。」は素人でも言える指導です。
 指導放棄に近い教授行為に、子ども達は苦しんでいる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド