TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/22 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5036752 更新:2013年01月01日

【外国語活動のQA】ALTとの授業で心がけることは何か


発問1:

ALTとの授業で心がけることは何ですか。

詳しいQ

勤務校ではALTの先生が来ていっしょに授業を進めます。
T1をALT,T2を担任が担当します。
授業の内容は,学校の教育計画をもとに進めています。
簡単な打ち合わせをするのですが,今のままでいいのか不安です。
ALTとの授業で心がけることは何ですか。

A 授業をマネージメントするのは、ALTではなく担任である。

第一は、授業をマネージメントするのは、ALTではなく担任であるということです。

TOSS英会話セミナーで、井戸砂織先生がALTと授業をしている映像を見せていただいたことがあります。
単語の発音をALTがする場面があったのですが、となりで井戸先生が手を叩いていて、自然とリズムを作り出しているのです。
すっかり井戸先生のペースで授業が進んでいました。さすがだと思いました。
どのように授業を進めるか、どんなふうに活動をさせるか、どんなリズムで、どんなテンポでやるのか、そこを担任がマネージメントすることが大事です。
ただし、だからといって全部担任がやりなさいということではないんです。
先日、あるセミナーで英会話の授業の映像を見せていただく機会がありました。
担任とALTで授業をしているのですが、担任の先生が一人でずっと会話の練習をさせていて、となりでALTがさびしそうにしているんです。
せっかくALTが来ているのですから、フラッシュカードをめくるのは担任、発音はALTというようにして、よりよい発音を聞かせるようにすればよいと思います。
【回答者 佐藤純子】


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド