TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/20 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4721496 更新:2013年01月01日

「ガラパゴスの自然と生物」 3 要約文作り(1の段落~4の段落)


指示1:

各段落を20文字以内に要約します。

しかし,要約という言葉を忘れている子も数名いる。
本クラスは,「桃太郎」での要約指導をしている。
そこで,次のように板書をした。実際は縦書きである。

板書

                      一番大切な言葉
          二番目に大切な言葉
三番目に大切な言葉
   ↓           ↓          ↓
 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
 └───────    20文字   ────────┘

1の段落を読む。初めは,ていねいに指導する。

発問1:

一番大切な言葉は何ですか。

「ガラパゴス諸島」と「生物の宝庫」の2つが出た。

発問2:

これがないと,このお話は成り立たない,という言葉はどちらですか。

と言うと,「ガラパゴス諸島」となった。

発問3:

2番目に大切な言葉は,何ですか。

これは,先ほど出た「生物の宝庫」であるので,簡単にできた子が多かった。
「めずらしい生物の宝庫」とする子もいたが,言葉なので,短く切らせた。
そこで,3つ目は,簡単に「めずらしい」と書いた子が多くいた。

指示2:

 一番大切な言葉をしたから順に置いていきなさい。

指示3:

言葉を並べただけでは,日本語としておかしいね。言葉の間に,接着剤になる文字を入れなさい。

・めずらしい生物の宝庫が,ガラパゴス諸島。
・めずらしい生物の宝庫は,ガラパゴス諸島。
この2つは,日本語として少しおかしい。それらを指摘して,次のような正解を示す。
・めずらしい生物の宝庫であるガラパゴス諸島。

続いて2の段落である。先ほどより進化して,2つの言葉だけを全体で行い,後は自分たちで書かせた。
その結果,
1番目はほとんどの子が,ガラパゴスゾウガメになった。
しかし,2番目は「巨大な」と「草や木の芽を食べる」「同じ植物」など出た。
すぐに大切な言葉を見抜く力は身につかない。何度も繰り返していかなければならない。
「ガラパゴスゾウガメに,くっついている言葉は何か。」と聞くと,「巨大な」と出た。
言葉をこれほど厳密に句切るのではなく,大切と思われる修飾語も一緒にくっつけたまま選ばせた方が,
子どもたちにとってはわかりやすいと思われた。
「巨大な」「ガラパゴスゾウガメ」が出たので,最後は子どもたちに見つけさせ,できた子から黒板に書かせた。
これは2つに分かれた。
A・・・生き続ける巨大なガラパゴスゾウガメ
B・・・二百キログラムある巨大なガラパゴスゾウガメ

発問4:

巨大なことが,続けて書いてあるのはどちらです。

Bです。

説明1:

20文字という短い文の中です。出きるだけ同じことは省きます。ですから,Aが正解です。

3の段落は1番大切な言葉だけ。
「小形のペンギン」
次は,自分たちでつくらせた。ここは意外に難しかったようで,できた子はほとんどいなかった。
できないものは仕方がないので,すかさず正解をしめした。
「体温を発散させなければならない小形のペンギン。」
ここは,「体積の割に表面積が大きい小形のペンギン。」も正解と考えられるが,体積云々は小形にまとめられるので,同じことを避ける意味で前者とした。

時間が来て,4で終わりとなった。

発問5:

すべて自分で考えます。20文字以内に要約しなさい。

子どもたちは次のような要約文を書いた。
・キクの一種である大木のスカレシア。
・キクの一種で,十メートル以上あるスカレシア。
・十メートルの大木に育っているスカレシア。
・大木に育っているキクの一種のスカレシア。
6の段落は,宿題とした。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド