TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/18 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2272643 更新:2013年01月01日

「MOTTAINAIの心」を45分間で授業する


発問1:

※コンビニの写真提示
どこですか。わかったら大きな声で言ってね。
→ファミリーマート

発問2:

ここで買い物したことある人?
→(挙手:買った物の発表)

発問3:

では、次。どこですか。
→サンクス

発問4:

ここで買い物したことある人?
→(挙手:買った物の発表)

導入を、テンポよく進める。

説明1:

先生も今日の朝、こんなものを買ってきました。
→提示する。
※両方の店から、それぞれサンドイッチ、おにぎりを購入しておく。

発問5:

この食べ物、もしも期限切れで売れ残ったら、どうなると思いますか。

指示1:

予想でいいですから、ノートに書きなさい。(書く:発表)
→捨てる。店の人が食べる。など。

説明2:

先生ね、聞いてきました。みんなも聞きたい?

ファミリーマートの店員さん「廃棄します。欠品よりはいいですから。」
・・・「廃棄」は捨てること。「欠品」とはお客さんが買い物に来たのに、品物がないことを言います。品物がなかったら、お客さんは来なくなりますよね。だからコンビニでは、捨てる物が出るくらいに品物を置いておくのだそうです。

サンクスの店長さん「全部、捨てます。販売期限の2時間前に調べて分別して廃棄します。」
・・・やっぱり「廃棄」という言葉が出てきます。分別するのもたいへんな作業だそうです。「2時間前」というのは、お客さんが家に持ち帰ったり、食べるまでの時間を考えてのことだそうです。いつも新鮮な商品がコンビニには置いてあることになります。

取材した話を語り、次につなげる。

説明3:

あるコンビニの話です。1ヶ月にひとつので40万円分捨てたそうです。
日本全国にコンビニは4万店あります。1ヶ月で160億円分が捨てられている計算になります。

発問6:

期限切れ商品を捨てることは、仕方のないことでしょうか。

指示2:

「仕方ない」はA、「いや、そうじゃない」はB、どちらかを書きなさい。
(人数確認)理由を書きなさい。後で話し合いをしますよ。

指示3:

話し合いをしましょう。人数の少ない方からどうぞ。

 人数の少ない方を、黒板前に出す。できるだけ教師が入らずに話し合いをさせる。10分間できれば、よしとする。校内研のテーマに正対する部分である。
 引き続き、以下の事実を知らせる。

説明4:

この方を知っていますか。ワンガリ・マータイさん。アフリカの女性として初めて、環境分野においても初めて、ノーベル平和賞を受賞した方です。環境問題を解決するための「3R」を提唱しています。でも、この「3R」は昔から日本では普通に行われてきたことなのです。

Reduce。削減。これは何ですか。(→「風呂敷です。」)昔からある風呂敷、四角い物も丸い物も長い物も、何でも包み込めます。しかも、何度も使えるので、余分なゴミを出しません。

Reuse。再使用。日本には昔からこんな言葉があります。わかったら、言ってね。(少しずつ見せる。)おさがりを使ったことのある人?(挙手を促す。発表させる。)「おさがり」というのは、ケチではありません。まだ十分に使える物をもう一度使うという考えです。

Recicle。再利用。日本の着物は、究極のリサイクル衣料です。糸をほどくとまた反物として使えます。親から子、子から孫へと仕立て直しをして着続けられます。

これは何ですか。(→「アロハシャツです。」)ハワイアンシャツ(アロハシャツ)は、日本からハワイに移民した日本人が、自分の着物をハワイの気候に合わせてシャツにしたのがルーツになっていると言われています。

Recicleと言えば、コンビニ各社でもスタートしているのです。
※サイクル図の説明をする。

説明が長くなるので、時々簡単なクイズを入れながら進める。

説明5:

ワンガリ・マータイさんが今年、日本にやってきました。その時、日本のある言葉に大変興味を持ちました。マータイさんは、この言葉を世界の環境問題のキーワードとして広めていきたいと活動をしています。国連の会議やイギリスや米国、スウェーデン、フィンランド、イタリア等でも呼びかけています。

発問7:

さて、何というどんな言葉でしょうか。

説明6:

「もったいない」という言葉でした。「3R」の考え1つにしたような言葉だと感激したのです。「もったいない」という言葉は、英語に翻訳することが困難だと言われます。それは、物を惜しむ気持ちだけでなく、そのものを得るまでの苦労に対する感謝と尊敬の気持ちが込められているからだそうです。

だから、「MOTTAINAI」と書かれているのです。こんな本も出ています。(『もったいない』マガジンハウス)学級文庫に置いておきますから、読んでくださいね。

発問8:

最後の質問です。日本の言葉である「もったいない」、この言葉が日本人の心に生きている限り、いつかコンビニのゴミ問題も解決できるのではないか、いや、解決できない、どちらででしょう。解決できると思う人?(挙手を促す)
いや、そんな言葉だけじゃ無理だ、という人?(挙手を促す)

いつもの通り、5行以上で感想を書かせる。時間があれば、読ませる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド