TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/26 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9460260 更新:2013年01月01日

自動車工業の学習の導入は、「自動車のマーク」で行う。


 自動車工業の学習の導入は、「自動車会社のマーク」を書かせると、楽しく、子どもたちが熱中する授業になる。
また、今までよく目にしていた自動車を、注意深く見るようになる。「自動車会社は、こんなにあったのか」と、
自動車工業に興味を持つようになる。

  まず、「知っている自動車の名前」を聞いた。

指示1:

知っている自動車の名前をノートに書きなさい。

ノートに箇条書きにさせた。番号もつけて書かせ、いくつ書いたか分かるようにした。
指名なしで発表させた。(慣れていない学級では、指名しても良い。ただしここでは時間をとらずに、テンポ良く進めることが大切だ。)
 マーチ、ヴィッツ、ベンツ、BMV,エスティマ、GTR(スカイライン?),エルグランド、ワゴン(R?)、などなど、20以上出た。

 次に、「自動車会社の名前」を聞く。

指示2:

知っている自動車会社の名前を書きなさい。

 これは、手を挙げて発表させた。
 スズキ、トヨタ、日産、すばる、ホンダ、三菱、マツダ、レクサス、いすず、ダイハツ、フェラーリ、ランボルギーニ、ベンツなどが出た。
 すべて黒板に書いた。今回は私が書いたが、子どもに板書させてもよい。
 車好きな男の子がいて、外国の会社も発表していた。
 いよいよ、自動車会社のマークである。

発問1:

黒板に書いた自動車会社のマークを知っていますか。

指示3:

知っている自動車会社のマークを、ノートに書きなさい。

どれか一つでも書いた子には、黒板に出てきて書かせた。
 子どもたちは次々と出てきて黒板に書いた。
 トヨタやホンダは、「そうそう!」という声があがった。
 スバルの星のマークなども、よく覚えていた子によって書かれた。
マツダは何となくマクドナルドのマークに見えたり、ダイハツはDを反対に書いていたりした。「あんなマークだったっけ?」という声も出た。
 一番面白かったのは、フェラーリだった。
 かわいい「馬」の絵が黒板に書かれ、笑いが起きた。
  「このようなマークは、車のどこを見たら、分かりますか」と聞いた。
 「車の前の部分」「ハンドルにもある」と子どもたちは答えた。

説明1:

車の前や後ろにマークがあます。車の名前も英語で書いてあることもあります。これらは、エンブレムとも言います。これを知っていると、車を見たときに、「あっ、これはトヨタの車だ」「あれは日産 だ」というように、会社が分かり、少し楽しくなります。

このように言って、インターネットで調べておいた自動車会社のマークをプロジェクターで見せた。

子どもたちは、車のマークを知ることによって、今まで「あれども見えず」だった「自動車会社」の存在に気づくことができた。
次の日、「昨日、駐車場の車のマークを見たよ。トヨタが多かった。」と言う子もいた。

留意事項として、子どもたちが車を見るようになるので、安全には十分気をつけて見るように指導する必要がある。  


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド