TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/22 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6649036 更新:2013年01月01日

「分析批評」・向山型国語への挑戦年国語  光村図書  全発問全指示 「討論を盛り上げるための裏ワザ」 


討論をさせるときは,内部情報が蓄積されないと,子どもは発言できない。
したがって,子どもの意見を必ずノートに書かせなくてはいけない。
また,相手に反論させるためには,相手の意見も,ノートにメモをさせる必要がある,。
これらの行為を必ず行わせないと,子どもは絶対と言っていいぐらい,発言はしない。
この作業には,十分な時間を取りたい。
子どもたちのこのような内部情報を蓄積させれば,討論はある程度できるようになる。
しかし,討論になれる,という経験も必要である。
そこで,討論を盛り上げる裏技がある。

子どもたちが,すでに多くの情報をもっている題材で,討論を行う。

これであれば,かなり多くの意見が出る。
私のクラスでは,すき間時間を見つけては,この方法で討論を行っている。
ここで大切なことがある。

子どもたちの意見が分かれる題材を用いる。

例えば,
お化けはいるか,いないか。
心霊写真は本物か,偽物か。
宇宙人はいるか,いないか。
UFOは本物か,偽物か。
などで行うと,子どもたちはある程度の知識を持っているし,自分で答えをはっきりと思っているので,
討論が盛り上がる。
我がクラスでは,「お化け」と「UFO」で行ったが,ともに30分以上も討論が続いた。
それぞれの討論において,子どもたちは自分の意見をまとめ上げることができた。
流し方を示す。

1 題材を示す。
2 自分の考えをズバリ書く。
3 人数を確認する。
4 理由を書く。
5 少したったら,まわりの子と話し合わせる。(ただし,必ず鉛筆とノートを持たせ,意見をメモさせる。)
6 少数派から,意見を発表する。(初めのうちは,全員発表させる。全員発表に慣れさせる。)
7 多数派の意見を発表させる。これも全員。
8 相手の意見はメモさせる。
10 相手に反論させる。
11 最終的な自分の意見を書く。
12 人数を確認する。
13 内容によっては,教師の解も示す。(参考程度に)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド