TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/13 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3788613 更新:2013年01月01日

一行詩を作ろう


原実践は佐々木豊先生「教室ツーウェイNo.101」です。
一行詩として実践されています。
これを「一字題一行詩」として追試されたのが森下人志先生(Toss-land No.4564)です。

私は「一行詩」に絞って授業を作りました。
始めは誰にでもできる簡単な問題から取り組めるようにし、
「おもしろい」「自分もできそうだ」という意欲を喚起させるような組み立てにしました。

発問1:

「空から降る 冬の天使」
これに漢字一字でタイトルをつけます。
なんとつけますか?

指示1:

「夜空に光る 大きなまる」
これにも漢字一字でタイトルをつけます。
なんとつけますか?

説明1:

先生は「月」とつけました。

説明2:

このように、短く・一行で書ける詩のことを
「一行詩」といいます。
今日はみんなで一行詩を作ってみましょう。

説明3:

先生は「雪」とつけました。

説明4:

説明 では「星」というタイトルで書いていきますよ。

指示2:

指示 「星は□」
□に当てはまる言葉を考えて、ノートに書きなさい。

書けた子から当てて発表させていく。
(ここで個別評定をする。「星は光る」「星は輝く」など目に見えることをそのまま書いている子は「B」
「擬人法」・「比喩」などのレトリックを使っている子は「A」とする。)

指示3:

「星は□のようだ」
□に当てはまる言葉を考えて、ノートに書きなさい。

書けた子から当てて発表させていく。
(個別評定をする。評価基準は上に同じ。書けた子はみんな「A」評価とする。)

下の詩を板書して提示する。

説明5:

では、先生が作った一行詩を読みます。
さんはい。「きらきら光る 空の星」

「きらきら光る 空の星」

指示4:

星の部分。
別の言葉を入れるとしたらなんと入れますか?
「きらきら光る 空の□」

(光)(白)(黄)(夢)(石)(砂)などが入る。
漢字一文字でなくてもよい。

説明6:

このように、星を別なものにたとえて作ってもいいのです。

指示5:

では、こんどは、「星」というタイトルで 、
自由に一行詩を書きます。
ノートに書いてごらんなさい。

指示6:

一つ書けたら持ってきます。

黒板に書いた順番に発表する。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド