TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/05/25 現在)

21414
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1949192 更新:2012年12月31日

通知表の書き方(低学年向け)のヒント 算数編


1 具体的な言葉で書く。
2 前向きな言葉で書く。

詳しく言えば
・具体的なエピソードを書く
・書いた翌日に読み返して、誰のことを書いたかを自分で言える内容を書く
・子どもを励ます前向きな目線で書く。
・その子の根本的な長所(短所の場合もあるが)が学習や生活全般に影響を与えている場合は「リード文」を入れてそのことを伝える。

以下、算数の例を挙げる。

ノートの使い方がていねいで、計算も一つひとつ確実にやりました。数のしくみ、単位の関係なども理解できています。文章題を絵にして考えるよい習慣が身についています。

計算を確実にしました。進んで手を挙げて考えを発表したり、黒板に出て板書しながら「なぜそのように考えたのか」を伝えたりと意欲的に学習に臨みました。

習ったやり方でゆっくりでも確実に答えを出そうと努めました。14ひく8のような、両手の指では足りない暗算につまずくことがありました。既習の内容を復習する「●●タイム」の時間も使いながら、繰り返し指導を続けます。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド