TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/26 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4720982 更新:2013年01月01日

立候補じゃんけん制


学級役員(委員長,副委員長,書記)や校外学習の実行委員などを決める際に行う。

説明1:

今から学級委員長を決めます。
やる気がある人なら学級委員長は誰にでもできます。
困っても先生が絶対に助けてあげます。
挑戦したい人は初めに意気込みを言ってもらいます。
その後に先生とジャンケンをします。

説明2:

子どもたちから,ジャンケンで決めていいのかという質問がでる。

誰でもできます。
困っても先生が助けますので,ジャンケンで決めます。

推薦で決めたいという子も出てきた場合このように伝える。

説明3:

推薦では決めません。
推薦ではその人のやる気ではなく,人気投票のようになる可能性があります。
もちろん人気投票ではないとしても,推薦はしません。
やる気のある人がやればいいのです。

指示1:

やってみたい。
挑戦したい。
友達のために働きたい。
自分を成長させたい。
そのようなことを少し,ほんの少しでもある人は大丈夫です。
やってみたい人。

すると多くの子が手を挙げる。
前に出て,ひとりひとり抱負を述べる
そしてジャンケンしてきめる。

指示2:

挑戦してくれた人ありがとう。
今回は〇〇さんになりました。
みんなで〇〇さんを支えていきましょう。

学期のたびに挑戦する人数が増えていく。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド