TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/13 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1241189 更新:2012年12月31日

酒井式「アサガオと小人たち」


説明1:

1年生といえば生活科でアサガオを育てる。以前、酒井氏に「アサガオを題材に絵を描くとしたら、どのようにすればよいですか」と聞いた。「ひまわりと小人たち」のシナリオをアサガオにして描けばよいと教わった。

ポイント 線描は、ピンク・紫・青・水色の油性ペン で描くこと。

彩色は、クレヨンでも水彩でもよい(と言われたような気がする。はっきりと覚えていない。)

前に受け持っていた1年生でも実践をしたが、思いのほか、アサガオの花を描くのは1年生にとって難しいことだった。

「9歳までは、見て描くことができない」と酒井氏は言う。その通りであった。

今回は、実物も教室に持ち込んだが、「見て描きなさい」とは言わず、花の描き方を教えた。

第1幕

T これはなに?

C アサガオ!

T 今日はアサガオのお話を聞いてから絵を描きます。目をつむって。

おはなし(「ひまわりと小人たち」のお話のひまわりをアサガオに代えて話した。)

T まだお話は途中ですが、まずアサガオの花を描きます。実は、先生、昨日描いてみました。

 (見せる)

C わぁー!すごい。きれい。

T ありがとう。先生の言うとおりに描いていけば、みんなも素敵な絵が描けるよ

T アサガオの花の周りの線から描きます。(描いてみせる)

  このあたりに描こうかな、と思うところを手で押さえなさい。

C (画用紙に手を置く)

T よし。みんなよい場所を選びました。そこにまあるく描いていきます。

  カタツムリの線がスタートしま~す。ヨーイ!スタート。

C あぁ、変になった。失敗したぁ。

T とんでもない。とっても上手。全員合格です。

T 次に、中の白い星みたいなのを描きます。ひらがなの「し」をくっつけて描いていくとできるよ。

 (描いてみせる)

C 難しい。

C これでいいの?

T わぁ、素敵。とっても上手。それでいいのですよ。

T 色を塗ります。パレットに赤と青を小指のつめぐらいだけ、出しなさい。

 (半分くらいの子どもが出せたところで)

  先生がやって見せます。出せた人から、前に集まっておいで。

  星のところは、太筆に水をたっぷりとつけて、水だけ塗ります。

  周りの花びらは、赤を青を混ぜた色で塗ります。

  すると、ぼやんとにじんでアサガオらしくなります。

C わぁー、きれーい。

T では、どうぞ。

当然、にじみがうまくできない子がいる。できなくて当たり前という構えで「きれいに塗れたね。次のときはもうちょっとたぷりと水をつけてごらん」と助言した。

C 先生、もうひとつ描いていい?

T いいですよ。ただし、カタツムリの線を忘れないでね。

ほめてまわると、子どもたちはどんどん描きたがった。やんちゃくんも「見て。さっきよりうまく描けた」とノリノリ。

しかし、3つ描いたところで飽きてきたようだ。友達のを見に歩き出した。

T はい、きりのいいところまで描けた人から前にいらっしゃい。

  つぼみや咲き終わってしぼんだ花も描きましょう。

  (描いてみせる)

つぼみは「難しい」と言う子もいたが、全員描いた。やんちゃくんも再び絵の世界に入っていった。

T 挑戦してみたい人は、こんなふうに横向きの花を描いてもいいですよ。

 (描いてみせる)

第2幕

パレットに黄色、黄緑、緑を出させた。

T 今日は、葉っぱを描きます。

 アサガオの葉っぱは、こういう形?

C ちがーう。

T では、こういう形?

C ちがーう。

T そう。みんなとてもよい目をしていますね。アサガオの葉っぱは、3つとがったところがあります。

 (描いてみせる)

  葉っぱの筋、葉脈も描きます。

  ここに、アサガオを置いておきますから、分からなくなったら、見にきていいですよ。

葉っぱも、花と同様、ひとつ描いたら塗り、一つ描いたら塗り、を繰り返す。線描だけ先にして後でまとめて彩色するのではない。

なかなか形のとれない子もいたが、どれもほめた。「すごい、いい線で描けたね」「それでいいんだよ」

不思議なことに、だんだんとそれらしい葉っぱが描けるようになっていった。

逆に、だんだんと雑に描く子もいる。「新幹線の線になってるよ。カタツムリの線で描こうね」と声を何度もかけた。

小さく描く子も多い。「わぁ。かわいい葉っぱが描けたね」と認めてから、「よし、次は手のひらぐらいの大きさの葉っぱを描いてごらん」と助言した。

C 先生、花にくっつけて描いてもいい?

T おっ、いいこと言うね。こんなふうに描いてもいいです。

 (重ねて描いてみせる)

C えーっ、できない!

T やってみたい人だけでいいよ。挑戦する人は、隠れているけどあるよ、という気持ちで描くといいよ。

第3幕

つるを描く。

 下から上へつるが伸びるように描いていくが、水平垂直を拝す。
 花やつぼみ、葉を自由につなぐ。

 くるんと丸まっているところは、「へびのエチュード」で経験があったので、結構すんなりと描けていた。

第4幕

小人と青い風を描く。
小人は同じ色の水生ペンで描き、クレヨンで塗る。
三角帽子とベルトを描くと小人らしくなる。これも、一人描いたら塗り、一人描いたら塗りを繰り返す。

風は、青、水色のクレヨンをポキンと折って、紙を取り、横に寝かせて塗る。
その後、ティッシュを丸めてやさしくこする。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド