TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/24 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5216299 更新:2012年12月31日

墨絵には、障子紙を


図画工作で墨で表現する単元がある。
そこで、問題となるのは、用紙である。
和紙を買うと、とんでもない値段である。
そこで、教材業者に相談したところ「障子紙」を勧められた。
これなら安くて大きな紙での表現が可能である。

単元「墨で表現しよう」
    2時間

準備 習字セット
    障子紙(百円均一で購入、畳一枚分ほどあるのでグループ分購入した)

1時間目 「習字紙で練習する」

指示1:

今日は、墨の表現を勉強します。
(教科書の作品を見せてから)
まず、習字紙に練習します。
墨の濃い、薄い、太い、細い、にじみなどやってみましょう。

使ったのは習字の筆。
もちろん指や割り箸などをつかうのもいい。
硯ではなく、絵の具用の皿を使って、グループで共同で取り組ませた。

2時間目 「大きな紙に挑戦する」

指示2:

今日は、大きな紙に挑戦します。
グループに障子紙を一枚渡します。
共同で作ってもいいし、個人でもいいです。

グループで取り組む班もあれば、個人で取り組む班もあった。
障子紙の下に新聞紙を敷いて取り組ませた。
大きい紙なのでダイナミックに表現を楽しんでいた。

この日の作品は、4月の授業参観のときの廊下の掲示に活用した。
保護者の方も足を止めて、ごらんになっていた。
以下に作品例を紹介する。

P1020557

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド