TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/14 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3873351 更新:2012年11月30日

円と球(円と球)第2時 コンパスの使い方と直径の定義


①前時の復習 コンパスを使って円を描く

前時の復習をする。

発問1:

円とはどんな形ですか?
(黒板で図示しながら)
ここ(中心)は何と言いますか?
この長さ(半径)は何と言いますか?

指示1:

半径4cmの円をノートに描いて先生のところへ持ってきなさい。

中心の点、半径4cmをきちんと描いているかをチェックする。
早い子には円をコンパスで描く練習をさせる。

指示2:

半径5cmの円を描いてみなさい。
半径3cmの円を描いてみなさい。

半径3cmの円は□5の①につなげる。

②直径の定義

□5
②黒板で示しながら半径を伸ばす。
子どもたちも同様にさっき書いた半径3cmの円に直径の線を記入させる。

発問2:

この長さにも名前があります。習ってないけど何というかわかる人。
これはとっても簡単なんだな。

「直径です」

発問3:

どうしてわかりましたか。

「教科書に書いてあります」
教科書の博士マークに「直径」と書いてある。
ここに注目させる。「教科書の先を読める人はかしこい!」
博士の定義を読み、ノートに書いた直径の線に「直径」と記入させる。

□6練習問題

1題ずつ扱い、教科書の四角に書き込ませていく。

計算スキルを行う。
早めに終了したので、コンパスを使っていろんな大きさの円を描きなさいと指示。
コンパスをうまく使うにはとにかく何度もかかせることだと思う。
だんだん上手になってきた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド