TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/12/12 現在)

21575
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4652894 更新:2012年12月31日

平家物語「扇の的」第5時間目


平家物語5時間目。年五十ばかりなる男を与一が射殺した場面での、平家と源氏の意見に注目し、この平家者がたりを書いた作者はどちらの立場でこの作品を書いたのかを討論させる。

【1】音読 第四場面

①追い読み

②句読点交代

③一斉読み

【2】設定をとらえる

指示1:

登場人物を鉛筆でかこみなさい。

指名発表させる。

年五十ばかりなる男  伊勢三郎義盛  与一

発問1:

「年五十ばかりなる男」平家、源氏どちらの人ですか?手をあげます。

平家側

伊勢三郎義盛 与一は源氏側であったことをつたえる。

指示2:

どんな鎧を着ていましたか?七文字で書きなさい。

黒皮おどしの鎧

指示3:

武器は何ですか?五文字で書きなさい。

白柄の長刀

指示4:

この男は何をしたのですか?簡単に書きなさい。

扇の立ててある所にたって舞を舞った。

踊った。

指示5:

どうして舞を舞ったのですか?理由が分かる分を古文から見つけます。傍線を引くのですよ。

感にたえざるにやとおぼしくて

説明1:

与一の扇の腕に感嘆し、褒め称えるために踊ったのですね。

発問2:

これに対して、与一はどのような行動をとりましたか?

射殺した。

【3】対句をとらえる

指示6:

このときに平家源氏の様子が分かる文があります、傍線を引きなさい。

平家の方には音もせず、源氏の方にはまた、どよめきけり。

説明2:

平家と源氏の様子が比べられています。このようにな表現のしかたを対句といいます。対句、さんはい。

指示7:

もう一つ、対句が使われていることころがあります。指で押さえます。みんなでさんはい。

「あ、射たり」・・・。

説明3:

男をよく射た。とほめたのですね。

発問3:

どのような考えがあったからですか?

戦いだから殺されて当然。敵だから。戦いの最中に踊っている方がおかしい。

指示8:

もう一つの意見があります。みんなで、さんはい。

情けなし

説明4:

ひどいなあ。と批難しているのですね。

発問4:

どのような考えからですか?

せっかく弓の腕を褒めたのに殺すことはない。殺すのはひどい。油断していたところにいきなり矢で打つのはひどい。

【4】討論をする

説明5:

賛否両論だったのですね。「あ、射たり」の意見をAとします。「情けなし」の意見をBとします。

指示9:

では、この物語を書いた作者はどちらの立場の感想を持っていたのだと思いますか?ノートにA、Bどちらかかきます。理由も書くのですよ。

指示10:

討論をします。(今回はAが少なかったのでAから行った)Aからどうぞ。

生徒の意見から

【Aの意見】
○那須の与一の動作を詳しく書いてある。源氏側をよく見ている証拠だと思う。源氏を味方しているのだとおもった。

○源氏の様子を詳しく書いてあるということは、作者は源氏側にいるのだと思う。だからAだ。

○源氏側は沢山のひとが出てくるが、平家はこの男だけだ。だから作者は源氏に味方しているのだと思う。

○与一の弓の腕が素晴らしいといっているような場面だから、ここはAだと思う。

○敵を討つのは当然だ。

○かぶら矢は、開戦の合図に使ったと前の時間にならった。かぶら矢を打った段階でもうすでに戦いが始まっているのだから、殺されてと当然。                                   など

【Bの意見】

○タイトルが「平家物語」となっている。

○この物語の主は平家なのだから、作者の意見はBだと思う。

○「平家物語」は無常観を著したとあった。だから、ここではBだ。

○源氏側を詳しく書いてあると意見があったが、この戦いで勝ったのは源氏だし、詳しく源氏の様子が残っているのは当然だ。

○今まで、平家と源氏の様子を著した文章は、「平家」→「源氏」の順に書いてあったが、最後だけ、平家側の立場になっているように逆になっている。この「情けなし」を強調したいのだと思う。     など

【5】教師の解を話す

先生は、Bだと思います。与一の腕の素晴らしさを表現するなら、この男のエピソードは必要ないと思うからです。わざわざ、このエピソードを、「平家物語」に書いたことは、風雅な場面に水をさした源氏に対する密かな批判なのだと思ったからです。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド