TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/22 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3999298 更新:2012年12月31日

【授業づくりのQA】めあてを書くことを学校全体で進めているとき、どのように対応したらよいか


発問1:

めあてを書くことを学校全体で進めているとき、どのように対応したらよいでしょうか。

詳しいQ

学校の現職教育で、教師が黒板にめあてとまとめを書くことになっています。
目的は、本時の授業の目標を子どもたちにとらえさせるためです。
自分としてはめあてを書くことがそれほど重要であると思いません。
授業の導入はすっと始まったほうがいいと思います。
しかし、学校の研究をないがしろにするわけにもいかないので現在のところはめあてとまとめを書くことを続けています。
この対応でよろしいでしょうか。
 
【自分なりの考え】
① 今までどおり、めあてとまとめを書くようにする。
② めあてやまとめは書かずに授業を進める。

A めあてを書くことは、時として「手品の種明かし」をして手品をすることに似ているといいます。

「校長先生が見に来るときや校内研究の時にだけ」やればいいのでしょうか。
校内で決まったことですから,表向きはやらなければ行けません。
ただ,徐々に「子どもの事実」を味方につけ,このような仕組みを壊していくことも考えておいた方がよいです。
めあてを書くことは,時として「手品の種明かし」をして手品をすることに似ているといいます。
少しずつ,学校を変えていけるといいですね。
【回答者 斎藤浩康】


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド