TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/06/25 現在)

21421
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4752181 更新:2012年12月31日

詩で紡がれた親子の絆 指導案


説明1:

詩です。

ごめんなさいね おかあさん
ごめんなさいね おかあさん
ぼくが生まれて ごめんなさい

発問1:

どんな人がよんだ詩だと思いますか。

指示1:

続きです。
静かに読みます。

ごめんなさいね おかあさん
ごめんなさいね おかあさん
ぼくが生まれて ごめんなさい
ぼくを背負う かあさんの
細いうなじに ぼくはいう
ぼくさえ 生まれなかったら
かあさんの しらがもなかったろうね
大きくなった このぼくを
背負って歩く 悲しさも
「かたわな子だね」とふりかえる
つめたい視線に 泣くことも
ぼくさえ 生まれなかったら

発問2:

どんな人がよんだ詩だと思いますか。

説明2:

この詩を読んだのは山田康文くん。
脳性マヒで体を動かすことができません。
話すこともできません。

発問3:

どうやって作ったのでしょうか。
隣と相談。

説明3:

学校の先生と一緒に作りました。
先生が言葉を言って、OKなら、目をぱちっとウインクしました。
ダメなときは舌をペロンと出しました。
そうやって一言一言決めていきました。
作るのに半年かかりました。

発問4:

完成したこの詩をお母さんに見せました。
お母さん、次にどうしたでしょう。

説明4:

返事の詩を書きました。

指示2:

これです。
一度読んだら、座ります。

わたしの息子よ ゆるしてね

わたしのむすこよ ゆるしてね
このかあさんを ゆるしておくれ
お前が 脳性マヒと知ったとき
ああ ごめんなさいと 泣きました 
いっぱいいっぱい 泣きました
いつまでたっても 歩けない 
お前を背負って歩くとき
肩にくいこむ重さより
「歩きたかろうね」と 母心
“重くはない”と聞いている
あなたの心が せつなくて

私の息子よ ありがとう 
ありがとう 息子よ
あなたのすがたを見守って
お母さんは 生きていく
悲しいまでの がんばりと
人をいたわるほほえみの
その笑顔で 生きている
脳性マヒの わが息子
そこに あなたがいるかぎり

指示3:

感想をどうぞ。

説明5:

康文くん、このお母さんの詩にさらに返事を書きました。

ありがとう おかあさん
ありがとう おかあさん
おかあさんが いるかぎり
ぼくは生きていくのです
脳性マヒを 生きていく
やさしさこそが 大切で
悲しさこそが 美しい
そんな 人の生き方を
教えてくれた おかあさん
おかあさん
あなたがそこにいるかぎり

指示4:

感想をどうぞ。

説明6:

「親子の愛」がここにあるのです。

説明7:

このような「子ども」、「親」の愛、絆の込められた詩が、最近注目をされています。
親守詩(おやもりうた)と言います。
「五、七、五、七、七」を親と子どものお手紙にするのです。
五、七、五を子ども、七、七を親が書きます。
今からみんなも実際に作ってもらいます。

親守詩を実際に作ってみる。

【引用文献】おかあさん、ぼくが生まれてごめんなさい


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド