TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/23 現在)

21535
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2330056 更新:2012年11月29日

キャンプファイヤーで子どもが熱中するしりとり遊び


法則化シリーズ/学級経営/キャンプファイヤー/しりとり

キャンプファイヤーで子どもが熱中するしりとり遊び

            TOSSアンバランス福島 TOSS会津 薄井 健文

これは菊池靖志氏の実践「キャンプファイヤーで子どもが熱中するしりとり遊び」の紹介である。
出典 : 第10期教育技術の法則化101 学校生活を豊かにする教育技術 

 林間学校のキャンプファイヤーで、次のようなしりとり遊びをやった。
 並び方は、ファイヤーに向かって1重の円である。
 (司会は子どもがやった)

司会の説明1
これから、しりとりをします。クラス対抗でやります。
3分間で、たくさん言えたクラスが勝ちです。
「ん」が最後についたらそこで終わりです。
1班の班長から、マイクを回しながら言って下さい。
1番最後の人は、1番最初の人にマイクを渡してください。
それでは始めます。
1組の人立ってください。(1組1班の班長にマイクを渡す)
ヨーイ、(笛を鳴らす)

3分間しりとりをした。
このとき係の子が1組の何人続いたかを数えた。

司会の説明2
 (笛を鳴らす)1組終わりです。1組の人すわってください。
 次は2組です。2組の人立ってください。(2組1班の班長にマイクを渡す)
 ヨーイ、(笛を鳴らす)

3分間しりとりをした。
 このとき係の子が1組の何人続いたかを数えた。
 子どもたちは、「早く、早く」「早く回して」などと言って大騒ぎであった。
見ている他のクラスからは、「今のは一回言ったぞ」などと、きびしい声があがった。
 最後に結果の発表をした。

司会の説明3
 結果を発表します。
 1組は33人続きました。2組は36人続きました。3組は34人続きました。
よって2組の勝ちです。

と、司会が言い終わると、2組の子どもたちは「やったー」と大喜びであった。他のクラスの子どもたちは、「あーあー」「ちくしょう」と残念がっていた。

 キャンプファイヤーでできる簡単なゲームである。しかし子どもたちはとても興奮してゲームに参加した。
 子どもの係は、次の2人がいればできる。

1, 司 会
2, 審 判 (人数を数える)

マイク1本あれば楽しめるゲームである。ぜひ1度試してみてほしい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド