TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/07/21 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3487479 更新:2012年12月31日

指書きをする時に画数を唱えるための趣意説明


日本の多くの先生たちが漢字のお勉強にし方について研究しました。
その結果、筆順を覚えるまでは、鉛筆を持たない方がよいということが分かりました。
また、筆順を覚える時には、画数を唱えながら練習した方が、はるかによく覚えるということも分かりました。
そして、指書きの時には、次の4つのことがとても大事だということも分かりました。

① 人差し指の腹で書く。

② とめ・はね・はらいをきちんと書く。

③ 指に何も持たないで書く。

④ 机の上で書く。

日本中のたくさんの先生方の研究のおかげで、だれでも100点をとれるような漢字の勉強法が開発されたのです。その勉強の仕方を今から皆さんに教えます。1つでもきちんとできないと効果は半減してしまいますから、先生の言うとおりにやってください。

4月当初の趣意説明が重要である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド