TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/13 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2477187 更新:2012年12月31日

子どもに作文を書かせ、発表させ、比較検討する(2)


2 視点を変えて書くことの意義

 視点を変える作文は、どのような意味を持っているのだろうか。
 向山氏は、新分析批評入門(向山型国語教え方教室誌No.31巻頭論文)の中で、
 次のように書かれている。

 ◆ 「作者」と「話者」が違うということが分かるだけで、作品を分析する方法は違ってくる。
 ◆ 書く視点を、「自分の目から」(一人称視点)にするのか、
  「他の目から」(三人称視点)にするのかで、作品の読み取りが違ってくる。

 詳細は割愛するが、作品の分析にも、作品の読み取りにも大きく影響してくる。
 また、大森修氏の主張を、長文であるが以下に引用する。
 「視点」を学ぶことでどんな効果があるか、「視点を鍛える作文技術」より

 私たちは、本人が自覚するとしないとにかかわらず、
 ある「視点」で物事を理解しているという事実を背負っている。
 何かを認識するということは、必ずある「視点」から認識するということなのである。
 ということは、相手を理解するということは、相手の「視点」から理解するということでもある。
 現代は国際化や情報化というように言われている。
 国際化の中で強調されているのが、コミュニケーション能力の育成であるが、
 コミュニケーションで相手を理解するということは、
 とりもなおさず相手の「視点」を理解するということなのである。
 相手の「視点」を知らずして、相手を理解することはできない。(p1・2)

 つまり、コミュニケーション能力の育成にも役立つという主張である。
 現在で言うならば、「心の理論」相手の立場になって考えることの訓練にもなると考えられる。
 特別支援教育の視点からも、視点の変換の授業は効果的である可能性を秘めている。
 実際に、翔和学園では伊藤寛晃氏が、広汎性発達障害の学生を指導する際、
 次のように話したというエピソードもある。
 「今のは君に目玉があるある場合のお話だね。
  もし、全体を見る目玉から見たら、いまの君はどんなふうに見えるかな」
 「あ…興奮しすぎちゃった」。(TOSS中学:渡辺大祐氏より)   
 このような視点を変える授業の一つが、向山氏の「まりが坂道を転げ落ちて…」の授業である。
 他にも「桃太郎」を鬼の視点で書く指導など、様々な授業に転用されており応用可能である。
 「視点」を学ぶことで、作文力だけでなくコミュニケーション能力も身に付く。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド