TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/18 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6721062 更新:2012年12月31日

英語で遊ぼう


○準備
   eye、nose、mouth、ears、shouldar、head、kneesと書いたカード(画用紙4分の1くらいの大きさ)
   「Head Shouldar Knees and Clap」の歌のテープ、歌詞を書いた模造紙、全身を描いた人形の絵

発問1:

人間の体の部分を英語でなんていうのかな?(人形を指差しながら)目は、eye。

 →「eye」と何度も発音練習をする。
 同様に、以下の単語の発音練習をする。この時、体に触れながら練習すると定着しやすい。 

  目・・・eye         耳・・・ears        膝・・・knees
  鼻・・・nose        肩・・・shouldar
  口・・・mouth       頭・・・head

指示1:

今度は、カードで練習します。先生の後に言ってね。eye。

 →「eye」、「nose」→「nose」・・・
 フラッシュカードの要領でだんだん早くしたり、順番を変えたりして発音させる。もちろん、体に触れること。 

発問2:

英語の歌を覚えたいと思います。まず、どんな曲か聴いてみようね。メロディーはみんな知ってるかな。 

 「Head Shouldar Knees and Clap」のテープを流し、一度聴いた後、練習する。
 できれば、ピアノ(オルガン)で最初はゆっくり伴奏して練習し、だんだん普通のテンポに慣れさせる。
 慣れたら、またテープに合わせて歌う。

指示2:

とても上手に歌えるようになりましたね。実はこの曲は手遊び歌なのです。動作を取り入れて歌ってみましょう。

できれば、ピアノ(オルガン)で最初はゆっくり伴奏して練習し、だんだん早くしていくと、みんな一生懸命ついてこようと熱中する。

指示3:

上手にできたかな?次は英単語クイズをします。1班から順に前に出てきます。他の班の人は先生が見せたカードを「ワン、ツ-、スリ-、フォ-、○○○○」と大きな声で言ってください。前に出ている人は、みんなが言った単語を自分の体でさわってください。みんなが言った単語を聞き取って、さっと体で指し示すことができたらOKです。指し示しても遅れたり、示せなかったら席につきます。単語カ-ドは、もちろん前に出ている人には見えません。

 クラスの人数にもよるが、一度に出てくる人数は6~8人くらいが適当。
 最後に勝利者のチ-ムで決戦をするが、この時は、○○○○といいながら、他の人はわざと違う部分を指し示したりすると混乱しておもしろい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド