TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/23 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3759847 更新:2012年12月31日

どんぐりと山猫


どんぐりと山猫

建尾 邦子(TOSS東京教え方研究会)

酒井臣吾氏の実践の追試.。酒井先生の講座で「どんぐりと山猫」に出会い、ぜひ追試したいと願っていました。昨年度2年生を担任し、追試することができました。

単元の流れは以下の通り。
第1時 絵本の読み聞かせ。場面を決める(山猫がどんぐりにむかって話しているところ。)
第2時 山猫の顔を作る。
第3時 山猫の胴体、手足、羽織を作る。
第4時 台紙を選んで山猫を貼る。
第5時 どんぐりを作る。どんぐりを貼る。
第6時 台紙を書く。

Dscf00161_1_
Dscf00171_1_
Dscf00181_1_
Dscf00251_1_

第1時 絵本の読み聞かせ。第2時 山猫の顔を作る。

第1時 絵本の読み聞かせ。
第2時 場面を設定する。
     山猫がどんぐりにむかって話している場面に限定する

第3時 山猫を作る。

① 顔を作る。紙はB5の1/4の大きさに切っておく。色は、黒、赤(2種)、こげ茶、青、黄色、茶色、紺、草色を準備)
1) 好きな色を選び、猫の顔の形を鉛筆で薄く書いてからちぎる。
*ちぎり方は事前に指導。親指と人差し指を使ってちぎる。

Dscf005611_1_

2) あまった部分で耳を作る。

Dscf00571_1_
Dscf00581_1_

3) 1)2)で使った色以外の色で目を作る。
   *眉毛はつけてもつけなくても自由。
   *目は黒目の部分を作ることを(色は自由)を指導する。

Dscf00591_1_

4) 鼻、口、ひげを作る。3)と同様に色を変えることを指導。
   *歯や耳の中をつけるのも自由。
→作ったものからのりで貼るように指示する。

Dscf00601_1_

3 胴体を作る。 (紙はB5の1/4よりやや大きめのものを用意する。)
1) 胴体は、顔と同じ色で鉛筆を薄く書いてからちぎる。
2) ちぎったものを顔とくっつける。

③手足を作る。(紙は胴体で残った部分と新しい紙を使用)
1) 腕は肩から、肘。肘から手。手の三つを作ることを指示。
   *それを動かすといろいろなポーズができることをやってみせる。(黒板に大きめなものを貼る。)

Dscf00612_1_
Dscf00621_1_
Dscf00632_1_
Dscf00641_1_

④羽織を作る。(千代紙か和紙で事前に準備しておく。)

Dscf00661_1_

第4時 台紙に山猫を貼る

⑤ 尻尾を作る。(胴体と同じ色で)

4 台紙を選んで山猫を貼る。(四つ切り画用紙。紺、紫、エメラルド、赤、黒、茶、グレーの七色を準備。)
  *台紙は、いろいろ置かせて見せてから決めさせる。
① 台紙の上に山猫の置く場所を決める。
② 薄く、手足の位置にしるしをつけさせる。
③ 貼る。

第5時 どんぐりを作る

① 台紙の色や、山猫の色とは違う色を使うことを指導する。
② 物語の中に出てきたどんぐりの特徴を黒板に書く。
   *大きいどんぐり、背の高いどんぐりなど
③ どんぐりに手足や、目、口などをつけてよいことを指導。
④ 10個を目標に作る。
  *手足などは、小さいので、はさみを使ってもよいことを指示。
6 どんぐりを台紙に貼る。
① 作ったどんぐりを字を各部分に残して台紙に置かせる。
   *その時に、向きを一つ一つ変えることを指導する。
② どんぐりを一つ一つ貼っていく。

第6時 セリフを書く

7 台詞を書く。
① その台詞を書くかを選ぶ。(今回は4つの中から選ぶ)
② 字の色を選ぶ。(濃い台紙には薄い色、薄い台紙には濃い色をあらかじめ準備しておいて、その中から選ばせる。)
③ 筆で字を書く。(筆は事前に準備しておく。家にある児童には持ってこさせる。)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド