TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/17 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6487514 更新:2012年12月31日

「静夜思」(季節の言葉・秋)実践記録


  静夜思  李白

  牀前月光を看る
  疑ふらくは是地上の霜かと
  頭を挙げて山月を望み
  頭を低れて故郷を思ふ

 現代語訳が教科書に載っているが、始めから訳を見てしまうとあれこれ推察する楽しみが半減してしまう。
 教科書は見せず、黒板に書いた。

 教科書には、振り仮名も振ってあるが、それも省く。
 子どもたちは読めない字があるが、クラス全員の知恵を合わせたら、「牀前」以外は読めた。
 「牀前」は、しょうぜんと読み、寝台であることを教えた。

 読めない字がなくなった段階で、すらすら読めるように音読の練習。
 その後、みんなの前で読みたい子を3名指名し、音読をしてもらった。
 朗々として、とても上手だったが、次のように言った。

 「今日の授業が終わった後に、もう一度読んでもらいますが、そのときは、もっと上手になっています。」

 そして、読解に入る。
 考えたこと・思ったこと・疑問点を子どもたちに挙げてもらった。(ノート→発表)

 ・牀前(しょうぜん)とは何か。
 ・静かな夜に思ったことを詩にした。
 ・月光を見た。
 ・なぜ、「看」という字が使われてるのか。
 ・故郷のことを思い出している。

などの意見が出た。

一通り、子どもたちの意見を聞いた後に、発問をした。

発問1:

話者に見えているものは、何ですか。

 月、月光、山、霜という意見が出た。
 しかし、霜は「疑ふらくは」だから、月の光のことだという意見で否定された。

発問2:

この詩で最も大切な言葉は、何ですか。

 ・月光(19名)  ・故郷(18名)

 意見が分かれたので、討論をした。

 月光派からは、「月光の美しさを伝えている」、「霜と間違えるくらい月がきれい」「月を見て、故郷を思い出している」という意見が出た。
 それに対して、故郷派は、「題名が静かな夜に思ったこと」「詩の最後に、思ふ」とある」「景色がふるさとのものに思った」「ふるさとに帰りたい」という意見が出た。

 「月光」を主張した子は、この詩を叙景詩(自然風景の描写に重点が置かれた詩)と捉え、「故郷」を主張した子は、この詩を叙情詩(作者の心情を中心にうたった詩)と捉えている。

 討論の結果、故郷だと考える子の方が、多くなった。

発問3:

作者の心境をできるだけ短い言葉で書きなさい。

 ・悲しい  ・懐かしい  ・寂しい  ・美しい  ・恋しい 

という意見が出た。
 (心境を尋ねると、叙情詩としての捉えが出てくる。)

 友達の意見を聞いた後、自分が一番ぴったりだと考えた心境を決め、その感情を乗せて、朗読をしてもらった。

 授業の最初で音読した3名の子どもたち。再びみんなの前で発表してもらった。
 最初の音読に比べて、しっとりと感情を込めた朗読ができた。
 教室からは、拍手が自然と起きた。

 「3人の他に、朗読に挑戦したい人?」

 チャレンジャーの手が、ぱっと上がった。

 授業後に、この漢詩についてのミニ評論文(まとめ)を書いてもらった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド