TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/21 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1220019 更新:2012年12月31日

性教育 月経と精通


【第3時】               平成7年2月23日

説明1:

昨日は、大人になるにつれて、身長や体重だけでなく体のいろいろな部分が成長することを勉強しました。

  〈男子〉        〈共通〉       〈女子〉
・ひげが生える     ・わき毛が生える   ・胸が大きくなる
・筋肉がつく       ・にきびがでる     乳房
・胸毛が生える     ・体毛が濃くなる   ・腰が大きくなる
・肩幅が広くなる    ・性毛が生える    ・肩が丸くなる 
・声が低くなる      (ペニスやワギナの
・のどぼとけが出る    周りに毛が生える)

説明2:

体の内も大人になると変化することがあります。知っていますか。
昨日いっていた「月経」です。

指示1:

「月経」って何のためにあるんですか。知っている人は教えてください。

  ・赤ちゃんを生むため 
  ・赤ちゃんを生む準備のため

発問1:

「月経」っていつ頃なるものなの。教えてください。

  ・小学4年    
  ・小学5の半ば 
  ・小学4年から高1ぐらい 

説明3:

これも正確に言うといつというものはありません。個人差があります。
3年生でなる人もいれば、高校生になってからという人もいます。
身長も伸びる時期が違うように月経が始まる時期もそれぞれの人によってちがいます。

 (女性の腹部の断面図を例示)

説明4:

では、「月経」とは何かをこれから説明します。
ここは「子宮」といって『赤ちゃんのへや』です。ここで赤ちゃんが育っていきます。
そして、この「卵巣」から、「卵子」が作られます。「卵子」というのは『赤ちゃんの卵』です。
これがないと赤ちゃんは生まれません。
この「子宮」では「卵子」が「赤ちゃんを作る準備ができましたよ」と待っています。

発問2:

しかし、卵子だけでは赤ちゃんができません。何が必要ですか。

  ・精子です。

説明5:

「精子」、『赤ちゃんのもと』が必要です。「卵子」が「子宮」という『赤ちゃんの部屋』で赤ちゃんのベットといっしょに待っています。
しかし、 精子がやってきません。すると、赤ちゃんを作ることができなくて、赤ちゃんのためのベットが古くなってしまいます。
赤ちゃんにはできるだけ新しいベットを準備したいので、「古いベットはもういいです」と古いベットがワギナから外にだされてしまいます。
これが「月経」です。

発問3:

・ベットがなくなっちゃったら子宮の中はどうなる。

説明6:

古いベットがなくなると、新しいベットが準備されます。
「月経」というのは『赤ちゃんのベットが外にだされること』です。血が出るのは「月経」のおまけです。

発問4:

「月経」の時に血も一緒に出ることもありますが、どのくらい出ると思いますか。このカメラのフィルムケースのどれくらいでしょう。

 ・3本分  ・50本   ・5本分

説明7:

血の出る量は多い人でも、このフィルムケースの底から5㎜ぐらいの量で、6㏄程です。

発問5:

赤ちゃんのベットってどのくらいもつ?

 ・2ヶ月  ・6年   ・4年

説明8:

赤ちゃんには新しいベットを準備しておきたいのでそんなにもちません。だいたい、25日から38日ぐらいです。
だから、最初に「赤ちゃんの生むため」「赤ちゃんを生む準備のため」って言ってくれましたが、
それよりも「赤ちゃんを生めれる準備のため」って言ったほうがいいですね。

(男性の腹部の断面図) 

説明9:

「精子」はもうわかりますね。ここの「精巣」というところで「精子」がつくられます。
「卵巣」で「卵子」が作られる。「精巣」で「精子」が作られる。
似てますね。同じように、男性にも「月経」にかわるものがあります。
それは「射精」というものです。字でわかってきたかな。
男性のからだの中で「精子」が作られます。
その精子がいっぱいになったり、卵子と一緒にしないといけなかったりするときに体からでます。
「射精」 とは『精子が体から出ること』です。

発問6:

大人になるのに、身長は高くなり、体の外側が変化し、内側もかわってきます。なぜ、このような変化をするんだろうか。

 ・子どもを育てるため 
 ・子孫を残すため   
 ・仕事をするため 

説明10:

身長が伸び、肩幅が広くなり、筋肉が付き、乳房ができ、体の中では月経や射精が起こる。
皆さんは今、家族に守られて生きています。自分だけでは生きて行くことはできません。
しかし、皆さんの家族がいつまでも守ってはくれません。
いつかは、自分の力だけで生活できるようにならなければなりません。
仕事もしなければいけません。体が大きく、丈夫にたくましくならなければなりません。勉強もできなければなりません。

説明11:

つぎに、子孫を残すためです。人間はいつか死にます。
そのときに子孫がいれば終わりではないですね。子孫を残していかなければなりません。
そのため、女性の体では「月経」が始まり、男性では「射精」が始まります。
それだけでなく、女性はおっぱいを飲ませられるように乳房ができ、赤ちゃんを生むために腰の骨も大きくなります。

説明12:

あと一つあります。自分の家族を作っていくためです。今、家族と生活していますね。
一人で生活するより、自分の家族と一緒に毎日を過ごしたほうが楽しいですね。
そのために家族を作るために体が成長するのです。

説明13:

赤ん坊のときは、泣いて、寝て、おしっこして、おっぱい吸ってぐらいしかできませんでしたね。
そして今、たくさんのことができるようになりました。
これから大人の体に成長するにつれて、「自分の力で生きて行くこと」「子孫を残すこと」「家族を作ること」ができるようになってきます。
すべてのなぞが解決しました。
しかし、先生は、体が成長するだけでは、「自分の力で生きて行くこと」「子孫を残すこと」「家族を作ること」はできないと考えています。
まだ、成長しなければならないものがあります。
「頭」も成長しなければいけません。体は自然に成長してきます。
しかし、頭はそうはいきません。自分の努力で成長させてください。

発問7:

もう一つ成長させるものがある。なんだろう。

説明14:

それは「心」です。
「中学生でも赤ちゃんできるか?」という質問がありました。体だけ考えたら赤ちゃんはできます。
しかし、「頭」と「心」が成長していなくては赤ちゃんを育てることはできません。
「心」が成長してなければ、結婚して一緒の家族になってくれる人もいません。
「心」が成長してなければ、自分の子どもに愛情をもって育てることができません。
「体」は時がきたら自然に成長してきます。しかし、「頭」と「心」は勝手に成長してはいきません。
自分で努力して、「頭」「心」を成長させて、家族のなかで幸せに生活できるようになってください。

以上が3日間の授業で指導したことです。
次のことを特に考えて授業を考えました。
 ・「月経」「射精」などが起こるのは特別な事ではない。体の成長の一つである。
 ・成長には、個人差が必ずある。
 ・体だけ成長してもいけない。頭と心も成長させて大人になるんだよ。
 ・成長するというのは幸せになることだよ。
と言うことだけは子どもに理解させたいと考えました。
それを子どもの素直な疑問を大切にしながらすすめるように心がけました。子ども達には伝わったでしょうか。
これから、「月経」の始まる児童もいることでしょう。そのときにはできたら、子どものからだの成長を祝ってあげてください。
また、三日間の授業には養護教諭の先生にも参観していただきました。科学的にも間違った知識は言ってないはずです。

2組でも同じような授業をしました。
女の子については近いうちに、「月経」の対処の方法について合同で養護教諭からの指導を受ける予定となっています。
ですが、御家庭のほうでも教えてあげてください。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド