TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/21 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4360770 更新:2012年12月31日

理科「モーターの原理をシンプルに教える」


新指導要領より

5年生の目標より、電磁石に関する項目を抜き出す。
単元全体は、およそ次のように進められる。
(1) 電磁石の「働き」を条件に目を向けながら調べる。
(2) 問題を見いだす。
(3) 計画的に追究する。か、「ものづくり」をする。
本時では、「電磁石の働き」を十分理解したとして、それが日常生活にどのように活かされているかを知り、「ものづくり」への意欲を高める授業である。

ラジコンや模型に使われる通常のモーターを提示して問う。

発問1:

これは、何でしょう?

モーターです。

発問2:

これは、何でしょう?

発電所、携帯電話、電車、様々な形や大きさのモーターの写真を提示して問うていく。

指示1:

ここまでの感想を短く書きなさい。

感想を発表させることによって、モーターには、色々な大きさがあること、色々な形があることを理解させる。

発問3:

モーターを動かすのに必要なものは、何でしょう。

実際に物を見せて、説明する。

説明1:

電池(電流)と磁石(磁界)です。

この2つがあれば、モーターは動きます。
作ってみたい?
(教科書にある簡易モーター、教材のモーターを作らせる)
実際に回るかどうか確かめさせる。

回るのを確認した後、

指示2:

電池と磁石があれば、動くモーター。
どんなところに使われていますか?
思いつくだけ書きなさい。

発表させる。
時計やCD、洗濯機、掃除機、エアコン・・・

説明2:

様々な家庭の電化製品に使われています。
電車や車などの乗り物にも使われています。
アシモなどのロボットにも使われています。
電気で動くほとんどのものには、モーターが使われているのです。
原理はすべて同じ、電池と磁石で動いているのです。
次は、電池と磁石を使って物作りをしましょう。

指示3:

今日の感想を書きなさい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド