TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/22 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7022017 更新:2012年12月31日

絵手紙を描こう


準備 
○教師 割り箸ペン 墨 紙コップ 普通の画用紙を葉書の大きさに切った したに敷く紙(練習紙)忘れてきた子ども用のピーマン
○児童 丸い野菜(実際に持ってきた野菜。ピーマン。パプリカ。ジャガイモ。タマネギ。にんじん。トマト。なすび。) 絵の具

第1時

説明1:

今日は、魔法のペンと魔法の絵の具でこのような野菜を書きます。(見本を貼る)これで、書くとみんな上手に書けるんだよ。班長は人数分の魔法のペンを取りに来ます。副班長は人数分の魔法の絵の具を取りに来ます。
 

割り箸ペンと紙コップを配布。
 ※割りばしペンは、削らずにわったままの割りばしを使う。その方が、割りばしの四角い形を生かし、細い線や太い線が自在に書ける。

指示1:

このペンはこのように持ちます。ペンの中ほどを持ってみせる。(大人なら、ペンの一番上を持って描くのだが、子どもなので中ほどを持たせることにした。)
 

机間指導でチェック。

説明2:

ペンを紙コップに入れて、前を向きます。絵を描くときはカタツムリの線で書きます。カタツムリの線は、人差し指の先から、手首まで10秒以上かかる早さが丁度よい早さです。

指示2:

それじゃあ、やってみます。人差し指から手首までカタツムリの線でなぞってみます。・・・・・・・はい。今十秒です。今、手首までいった人が丁度よい早さですよ。もう一回やってみましょう。
 

指示3:

ペンで試し書きをします。カタツムリの線で、横書き。
 

同様に、「逆の横書き」「縦書き」「したから縦書き」「渦巻き」
この時、細い線や太い線を描くことも試させる。

Renshu

指示4:

では、野菜のへたから書き始めます。ジャガイモの人は、ジャガイモのてっぺんから書きます。カタツムリの線で、よ~~く見て。このように、書きます。手がフルフルふるえるようにゆっくり書きます。へたの回りのゴチャゴチャもよく見て書きます。ジャガイモのでこぼことその中のゴチャゴチャも書きます。

Ringo1

説明3:

実際に描いてみせる

指示5:

したに敷いた紙に、必ずはみ出すように大きく書かなければなりません。しっかり、見ながら書きましょう。
 

書いてみると、小さくなってしまった子3人の子が、やり直してよいか聞いてきた。こちらから、やり直した方がよいと言った子が2人。全く筆が進まないので、赤鉛筆で薄く輪郭の目安を書いてあげた子が2人。

第2時

指示6:

ジャガイモ、トマト、パプリカ、子は、黄色を出します。ナスビの子は青。ピーマンの子は黄緑を出します。小指の先っぽくらい出します。

指示7:

 水を加えます。ジュースのようにべちゃべちゃになるように水を入れます。

机間指導で水の量を全員分確かめる。

指示8:

指示3 このように、トントンとたたくように色を乗せていきます。

全体的のトントンと塗っていく。べちゃべちゃ。

指示9:

絵の具を足します。水は加えては駄目ですよ。今出している色に、ニンジンとトマトは赤。ジャガイモは茶色。ピーマンは緑。ナスビは紫。パプリカは赤を加えます。
加えた絵の具で、先ほど塗った色の上に、色が混ざるように塗っていきます。色が濃いな~と思うところに塗っていくんですよ。

出来た子は、言葉を考えて書かせた。最後の自分の名前を赤の絵の具で印鑑風に書かせてできあがり。

Crim0222006
Crim00222210
Crim02222011

反省
○ 白い所を残す事を指示しなかったので、べた塗りの野菜になってしまった。
○ 文字を、割り箸ペンで先っぽを持たせて書かせたので、ぐちゃぐちゃになった。子どもは、鉛筆のように持って描いてもよいかも知れない。
○ 絵の具で、名前印を書かせたので、潰れて読めない。
○ それぞれいろいろな種類の野菜を持ってこさせたので、指導が難しかった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド