TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/09 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3426256 更新:2012年12月31日

心とからだのつながりを考えよう


時間:朝自習15分間
対象:1~3年生

ねらい:1  体・心・神経の健康状態はそれぞれ深く関わっていることを知らせる。
     2  友達に嫌がることをすれば,その人の心だけでなく身体的にもダメージを加えているということを知らせる。  
     3  ストレスの対処方を知らせる。
     4  ゲームを通して,自分のよさに気づかせる。 

準備物:カード,プリント,音楽CD,ラジカセ

指示1:

今から,つかれ度チェックをします。
カードを貼っていきますから,あてはまるものに手を挙げてください。

「体のつかれ」・「心のつかれ」・「神経のつかれ」のそれぞれに該当するもの(カード)を貼っていき,
あてはまるものに挙手させ人数を板書する。

指示2:

(体のつかれ)
1 頭が痛いという人 2 体がだるい  3 足がだるい 4 あくびが出る
(心のつかれ)
1 頭がぼんやりする 2 考えるのがいやになる 3 一人でいたいと思う  4 イライラする  5 することに自信がない
(神経のつかれ)
1 目がつかれる 2 動作が遅い 3 めまいがする 4 整頓できない

説明1:

さて,あてはまるものはいくつあったでしょうか?
実は,初めの4つは体の疲れ,次の5つは心の疲れ,最後の4つは,神経の疲れを表わしています。

「体」「心」「神経」と書いたカードを貼る。

説明2:

これらは(カードを指さしながら・・)深くつながっているのです。
「イヤだな~イライラするな~」と思ったら,頭が痛くなる人もいるのです。

説明3:

今,皆さんの体・心・神経のつかれの様子を聞きましたが,先生方にも伺ってみましょう。

(あらかじめ,演技をお願いしていた先生と会話する)

私「S先生,今日はお元気でしょうか?」
S「ちょっとお腹が痛いのです(胃のあたりを押さえて,元気なさそうに)」
私「あら~,かぜですか?」
S「いいえ違います。」
私「冷たい物の食べ過ぎ・飲み過ぎですか?」
S「いいえ違います」

発問1:

どうして,S先生はお腹が痛いのでしょうか?

イヤなことがあったんじゃない?と数人つぶやく。

説明4:

私「みんなが,こう言ってますけど,昨日何かあったのですか?」
S「はい,お友達とけんかをしてしまったのです」
私「なるほど~,そうでしたか」         
 

説明5:

先程,体・心・神経は深くつながっていると言いました。
S先生は,心が傷ついて,お腹まで痛くなってしまわれたのですね。

指示3:

こちらを見てください。

ハート型に切り「心」と書いたカードを貼る。

説明6:

心が傷つけば・・(「心」のカードを囲むように人体の図を描く)体への症状となって表れるのです。
お友達に傷つくことを言えば,心に大きなトゲがささって,お腹が痛くなったり,
頭が痛くなったりさせてしまうことがあるかもしれませんね。
擦り傷,切り傷のように血も出ずに,目には見えないけれど,心におおきなトゲを刺してしまったら,大変ですね。
(トゲの絵を描く) 

発問2:

でも,もし傷つけたな~と思うことがあったとしたら,このトゲを抜くために,どんなことをすればいいですか?

「謝る」「ごめんなさいという」

説明7:

そうですね。素直に心を込めてごめんなさいと言えば,す~っとトゲが抜けていくんですよ。
言いましょうね。

発問3:

では,傷ついた,心や神経が疲れた~っという時に,自分自身はどうすれば,少しでも楽になると思いますか?

「相談する」「ゆっくりねる」

説明8:

そうですね。皆さんの言うとおり。

指示4:

ではこちらを見てください。

対処方をイラストにしたものを見せる。

説明9:

1 人に話す。お友達でも,おうちの方でも,もちろん先生方でも・・・,誰かに相談することです。
2 体を動かして遊ぶ。走りまわって思いっきり遊べば,イヤなことも吹き飛びますね。
3 たっぷり寝る。睡眠をたっぷりとれば,体・心・神経の疲れがとれます。
4 ゆっくりおふろに入る。体が温まり血の巡りがよくなって疲れがとれます。
5 思いっきり笑う。笑うとハピネスホルモンというのが出て,病気と闘う力が高まることが分かっています。

指示5:

みんないい笑顔をして!

みんな”にこっ”とほほえむ。

指示6:

じゃあ,もっと笑ってみよう。お隣さんをくすぐってみて!

くすぐりごっこをする。部屋中に笑いがおきる。

説明10:

楽しくなりましたね。では次はもっと楽しく!「ほめほめゲーム」というのをします。

ゲームと聞いて「ヤッタ~」と言う。

指示7:

○○さん,前へ出てきてください。

ゲームの説明をするために,一人の児童を指名し,前に出てきてもらう。

説明11:

1 音楽を流しますから,その間は自由に動きます。
2 音楽が止まったら,近くにいた人と握手をして,相手の名前を呼びます。
3 そしたら,それぞれ相手のいいところを見つけて,ほめてあげます。
4 お互いに言えたら,座ります。

握手して,笑顔で「○○さん,いつも挨拶が上手で気持ちがいいねー」と言い,座る。
すぐ立つ。

説明12:

みなさん,分かりましたか?
○○さんありがとう,拍手してください。

児童を席に戻す。

指示8:

お友達を見回して,どんなところがいいかな~と,ちょっと考えてみてください。
もし難しかったら,相手の名前を呼んであげるだけでもいいんですよ。

児童が考えている間に,ラジカセの準備をする(30秒)

指示9:

では始めます。全員起立!

すぐ音楽をかける→しばらくして止める→全員座ったらまた音楽をかける・・・ これを数回くり返す。
おしゃべりが苦手な児童には,担任がついて一緒にされていた。

説明13:

では最後です。先生方のところへいってもいいですよ。

全員が座ったところで・・・

発問4:

今まで自分が気付かなかったことを,ほめてもらった人はいますか?

説明14:

よかったね~。他の人も,すこやかタイムが始まった頃に比べたら,みんな にこにこしていますね。
心と体はつながっています。
今,みんな気分がいいでしょ。
心の調子がいいと,体の調子もよくなりますよ。

説明15:

お友達の嫌がることを言ったりしたりするのではなく,今のように,いいところをたくさん見つけてあげてくださいね。

指示10:

では,終わります。
今日は何人と握手したかな?
今度は私と握手してから, 教室へ戻りましょう。
○年生起立!  

音楽を流す。 
出口のところで一人ひとりと握手する。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド