TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/18 現在)

21530
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7408158 更新:2012年12月30日

「日本のCO2削減を守る日々の努力」


発問1:

神戸製鉄が作っている最先端のバネです。世界の「   」の6割で使われています。何に使うと思いますか?

説明1:

実はエンジンの弁に使われているのです。
(画面に動くエンジン立体モデルを映す。)
何億回、高速で伸び縮みしても壊れないバネなのです。

発問2:

長持ちするエンジンを作るとCO2を削減できる。その訳は、~。      
~に入る文をノートに書きなさい。

(エンジンを作るときに出るCO2が減らせるから。)

発問3:

あなたが、この製鉄所の責任者なら、震災の知らせを聞いてはじめに心配することは何ですか。

(人の命。高炉の爆発。)

説明2:

高炉の責任者柚久保(ゆくぼ)さんは、自宅からすぐに製鉄所に電話しました。はじめに言った言葉は「人間は無事か!」でした。400人は奇跡的に無事でした。次に「高炉の上のガス抜き装置を開けろ!」と言いました。完全に停電していたので、ほって置くとガスが高炉にたまって大爆発となるからです。いつもは電気で動かしているガス抜き装置をそのときは、手で回してあけました。 
震災の次の日からが、またたいへんでした。
高炉の中には、2000℃の鉄が2000トン入っているのです。これが冷えて固まるとどうなるでしょう。先生は、この前作った大学イモの写真です。この飴が冷えて固まるとどうなりますか。(固まって取れなくなる。)
2000トンの鉄が固まると高炉は使えなくなってしまいます。
ですから、あたたかいうちにショベルカーで中に入って鉄を取り除くことになりました

発問4:

あなたが、ショベルカーの運転手なら、まだ暖かい高炉の中に入ってくれと言われたらどうしますか。

(断ります。)

説明3:

そうですよね。運転手は、みんなにげてしまいました。そのとき「俺がやる!」一人の若者が手をあげました。田中秀明さん27才です。その姿を見て何人ものベテラン運転手が後に続きました。壁をバーナーで焼ききり中に入りました。水をまきながら鉄をかき出しました。時には、まだ燃えている鉄が出で来ることもありました。
このようにして神戸製鋼は、たった75日間で再び火入れをおこない復活したのです。
日本のCO2削減技術は、このような努力で世界一であり続けているのです。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド