TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/24 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2300756 更新:2012年12月31日

ゆりかごから発展させる「開脚前転」の授業


指示1:

小さいゆりかごと,大きいゆりかごをします。

以下の動画サイトを参考にする。
レベル1 しゃがみ込んで,おしり→腰→背中→腰→おしりを順に着いて戻る http://www.youtube.com/watch?v=MoyZXUTAwes
レベル2 1加えて,頭の上でマットに手を着く http://www.youtube.com/watch?v=sUk6rI8CvrY
レベル3 足のつま先も着く http://www.youtube.com/watch?v=xSnBsWnr3pE
レベル4 最後に立ち上がる http://www.youtube.com/watch?v=7pOBuM95f6g
ここまでできるようになると,友だち数名と息を合わせる「シンクロ」も可能になる。

指示2:

柔軟体操です。座って前屈です。手はどこまで前に行きますか。
できたら立って前屈です。つま先を触りなさい。床に手のひらが付いたら満点です。

反動をつけすぎないこと。硬い子は,家でお風呂上りなどに柔軟体操をするように伝える。
良くできる子を,見本に見せてもよい。

指示3:

前転をします。マットを2つつなげて2回まわりなさい。

長さはロングマットと同じになる。
応用として,「3回まわれると,とても上手です」と指示をする。
回転が小さくなれば,数多く回れることになり,上達する。

指示4:

片足前転です。片足の状態から回り,片足立ちで終わります。
慣れてきたら,前転の最後にジャンプしてごらんなさい。

回転スピードが上がるので,けがをしないように気を付ける。
頭の後ろか首からマットに着地すること,前の人がマットを降り,合図をしてから行うことなどを確認する。

指示5:

ゆりかごから開脚になります。
まず,膝を天井に突き刺すように伸ばして回ります。そして,足を着く瞬間に足を開きなさい。

以下の動画サイトを参考にする。
開脚前転につながるゆりかご http://www.youtube.com/watch?v=415TVzjYFSw

発問1:

どのようにしたら,おしりが高く上がりますか。各自,試しなさい。

勢いをつけるための動作が加わればよい。
例えば,腰の角度をつける。勢いよく足を広げる。膝を伸ばす。手をおしりの近くに着く。などである。
良い動きをしている子をほめ,全体の前で紹介してもよい。

指示6:

片足で踏み込んで助走をつけ,開脚前転をしなさい。

慣れてきたら,両足をそろえた状態から始めさせる。
立った状態から行う。座った状態で始めると,スピードが出ない。

指示7:

できたら先生の前でテストをします。

さらに高度にさせるには,動作をゆっくりと大きくさせるとよい。
最初は気をつけの姿勢から,最後はポーズをとらせるなどの工夫もすると,さらにきれいになる。
イメージを豊かにさせるために,動画をみせてもよい。
開脚前転 http://www.youtube.com/watch?v=9L4EY2xaTK8


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド