TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/21 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1241161 更新:2012年12月31日

酒井式「どんぐりと山猫」追試~第4幕せりふを書く~


○準備するもの
・絵の具セット
 
○指導の流れ

指示1:

いよいよ台紙にせりふを書きます。まず,自分の作った山猫に合う台詞を黒板に書いてある3種類の中から決めなさい。

A:だまれ やかましい
  ここをなんとこころえる。
  しずまれ しずまれ
  山ねこが ひげをぴんと ひねって
  いいました。
 
 
B:さいばんも もう今日で 三日目だぞ。
  いいかげんに なかなおりを
  したらどうだ。
 
C:もうしわたしだ。
このなかで いちばん 
えらくなくて ばかで
めちゃくちゃで
てんでなってなくて
あたまのつぶれたようなやつが
いちばんえらいのだ

指示2:

台詞を書くときのポイントを言います。
一つ目,行が曲がったり文字の大きさがバラバラであってもよいです。でも一つ一つの文字はていねいに書きます。
二つ目,文字と文字の間はなるべく狭くすること。
三つ目,絵の具にはたっぷりと白を入れてください。特に台紙が黒や,濃紺の場合はたっぷりと入れます。

・黒板に3つのポイントを書いておいた。
・最初に鉛筆で薄く台詞を描かせておいて,大まかな字の配置が出来たところで,絵の具で書かせるようにした。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド