TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/20 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1133213 更新:2012年11月27日

流れる水のはたらき7(水のはたらきが大きくなるとき)


誰でもできる楽しい理科授業  東京書籍版

Logo-2001

「流れる水のはたらき」 (8/9) 水のはたらきがおおきくなるとき

         作成者   福島アンバランス 大堀 真   福島メーリングリスト推薦

【 準備物 】

1 流水実験器一セット
2 コーヒーの空きビンとプリンカップ程度の入れ物(またはコップ)一各個
3 流すための砂、小石(金魚鉢用の玉石がいい)1~2キログラムぐらい。
  三センチメートル程度の小石も数個混ぜる

指示1:

教科書の50ページを開きなさい。
「3川の水のはたらきが大きくなるのはどんなときか」と書いてあります。
いっしょに読みましょう。さん、はい。

ノートの新しいページを開きなさい。
今読んだことをノートに書きなさい。日付も忘れずに。
早くかけた人は、先生と一緒にもう一度読みましょう。さん、はい。

指示2:

教科書50ページの一番下に写真が三枚並んでいます。
一番左の写真を指で押さえなさい。

これはどこの写真ですか。(東京青梅市の多摩川)
一番左の写真は「何年」月はいりません。何年に写したものですか。(1997年)
では真ん中の写真を押さえなさい。これは何年に写したものですか。(同)
最後、いちばん右側の写真を押さえなさい。これは何年に写したものですか(同)
同じ年の写真ですね。

一番左の写真は何月に写したものですか。(5月)
真ん中の写真は何月に写したものですか。(7月)
いちばん右側の写真はは何月に写したものですか(10月)
    
三つの写真を比べて、思ったこと、気づいたこと、考えたことをノートに箇条書きにしなさい。
一つかけたら持ってきなさい。

板書させる。
★ 7月は、川の水が濁っているが、10月はきれいな色だ。
★ 7月は水の量が多い。7月と10月は少ない。
★ 7月は、川の中の島(中州)が10月にくらべて大きい。
★ 10月は島が小さくなっている。
★ 7月と10月で島の形が違う。
★ 左側を流れている細い方の川が、10月では7月より太くなっている

発問1:

今、黒板に書かれたことから考えて、
流れる水の働きが大きくなるのはどんなときですか。
ノートに書きなさい。

★ 水の量が多いとき
★ 水の流れる速さが速いとき
★ 水の勢いがいいとき(などなど)

指示3:

では、実験して確かめてみましょう。昇降口に出なさい。
(この実験は室内でやるのはツラい。濡れるからである)

  実験1 流水実験器を最低角度(10度程度)にして、小石と砂を最上部に入れ、
      最初は少量の水を流す。あまり小石は流れない。
      次に、水の量を増やしてみる。小石だけではなく三センチメートル程度の石まで
      流れだす。

 実験2  流水実験器の設定は実験1と同じ。中程度の水を流す。次にホースの先を絞り、
      水のスピードを速くする。
      低速の水流では流れ方が小さいが、高速の水流だと、流れ方が大きい。

 実験3  流水実験器を最大角度に(30度くらい)にして小石と砂を最上部に入れ、
      安定するのを待つ。
      「さて、ここにコップ一杯の水を流すとどうなるかな」と言って
      子どもの反応を聞く。 
      「では、お立ち会い、、、、」
      といってコップ一杯の水を一気に小石の上からしみこませる
      数秒間はなんともない。やがて底雪崩のようにズズッと小石が動く。
      「長雨で地盤が緩んだところに大雨が降りました。さあどうなるでしょう」
      といって、今度は500シーシー程度の水(コーヒー壜に一本)を
      一気にしみこませる。
      これは底雪崩である。ザザーと一気に小石が崩れる。
      これは面白いので子どもはアンコールを要求する。
      ま、一、二回はアンコールにお答えする。
      「ね、大きくなってお家をつくるときは斜面に作っては駄目だよ」
      ぐらいのことは言う。教室へ子どもを戻す。

指示4:

今見たように、流れる水の働きが大きくなるのは次の三つの場合です。
ノートに書きなさい。

    1 水の量が増えたとき
    2 (水の量が増えて)流れる速さが速くなったとき
    3 斜面が急なほど、同じ水の量でも削る働きは大きい

最後にグラフを読んで終わる。

指示5:

教科書52ページのグラフを見なさい。
   
なんというグラフですか「1秒間に流れる水量」
どこの川で調べたのですか(最上川)
最上川はどこの県にありますか(山形県)
いつ、調べたグラフですか(1995年)

一秒間に流れる水の量が一番多い月はいつですか。4月。
次はいつですか(7月)
3・4・5月に山が一つ、7・8月に山がもうひとつあります。
三つ目の山はどこですか。(11・12月)

このように山形では川の水が増える時期が三回あります。
その原因はなんだと思いますか。  
 

 3~5月 雪解け水
 7・8月 梅雨と台風
 11・12月 降雪・もしかすると雷雨
  (この時期だと積もらずにとけて流れる。日本海側では冬に雷が鳴る)
  ※ 時間があれば51ページの護岸工事の写真を扱う。

 今日はこれで終わりです。

※このページはリンクフリーではありません。

- (C)TOSS Makoto Ohori All right reserved. - 

TOSS(登録商標第4324345号)、インターネットランド(登録商標4468327号)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド