TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/17 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1244080 更新:2012年12月31日

酒井式「にせ本尊」


原実践者は上木信弘。実施学年・作品は6年生。日本の昔話「にせ本尊」のクライマックスの場面を描かせた。
 おしょうさんにいたずらをしたタヌキをこらしめるために、珍念さんは考えた。
 まず、本堂にタヌキを引き入れることに成功した。しかし、タヌキは、本尊に化けてしまった。そこで珍念さんは再び考え、「本物の本尊は、ニコニコと笑う」などと言った。
 タヌキが化けた本尊はにこっと笑ってしまい、珍念さんに見つかってしまう。そして、捕まってしまう。その場面を描かせた。

Nise_11

指導のあらまし(9時間)
1 準備物
 こげ茶色のコンテ、ウグイス色の色画用紙とうす黄色の色画用紙(4つ切より少し小さめ)。  

2 ラフスケッチを描く(45分)。
 黒板に、「本尊」と書き、意味を調べさせる。
 意味が分かった後、「にせ本尊」の読み聞かせをする。
 その後で、ラフスケッチを描かせる。本尊、たぬきが化けたにせ本尊、珍念さんは絶対に入れること。
 1枚描けたごとに見せに来させ、ほめたりアドバイスをしたりした。
 どの子も2枚以上描けた。一番良いと思うに印をつけさせ、提出させた。

3 本尊を描き、着色する。(90分)
 ウグイス色の色画用紙かうす黄色の色画用紙のどちらかを選ばせる。こげ茶色のコンテを分ける。
 本尊を描く時は、次の5つを入れると、本尊らしくなる。
  1.ラホツ 2.目と目の間のホクロ 3.大きな耳 4.拝んでいる手 5.台座
  本尊の顔の描き順は、以下の通り。
  鼻(少し斜めに傾ける)→口→目→目と目の間のホクロ→輪郭→大きな耳→ラホツ
  本尊の体の描き順は、以下の通り。
 拝んでいる手→腕だけつなぎ→(足)→台座→胴のつなぎ→服。
  着色は、主調色である。青色の主調色か緑色の主調色か紫色の主調色のうちから選ぶ。変化をつけながら着色すること。

4 にせ本尊を描く(45分)
 たぬきが化けている本尊を描かせるので、表情や動きがポイントになる。
 まず、たぬきが化けている本尊がどんな表情をしていたり、どんな格好をしているのか、尋ねる。できるだけ多くの意見を引き出す。
 後は、前時の描き方の順で、たぬきが化けたにせ本尊を描かせる。

5 にせ本尊を着色する。(45分)
 着色は、主調色である。青色の主調色か緑色の主調色か紫色の主調色のうちから選ぶ。本尊と同じ色を選んでもかまわない。変化をつけながら着色すること。

6 珍念さん、おしょうさんを描く(45分)
 まず、珍念が何をしようとしているのか、発表させる。
 発表させた後、珍念さんを描かせる。
 描く順は、鼻→口→目→輪郭→耳→坊主頭→手→足→つなぐ→服である。
 珍念さんの大きさを小さめにすること、鼻の角度を斜めに傾けること、足の高さをかえることがポイントである。
 その後で、おしょうさんを描きたい子には、おしょうさんを描かせる。 

7 珍念さん、おしょうさんを着色する(90分)
 黄土色を基本に、朱色、茶色、黄色、青色混ぜた黄土色をつくり彩色する。
 その後で、服を描かせる。派手にしないように。

8 本堂の中にある物を描き、着色する(45分)
 まず、本堂の中にある物を発表させる。
 発表させた後、本堂にあるものを描かせる。ポイントは、ほんの少しだけ描きいれること。お寺の中だと少し雰囲気が出るだけで良い。
 描いた後は、好きな色を使って着色させて、完成である。

Nise_21

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド