TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/15 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7159019 更新:2012年12月31日

江戸時代 幕府をこわがる大名~治水工事は無事完成!しかし・・・


資料1をプリントし、児童に配る。

<資料1>
幕府が、木曽川下流の輪中地帯の治水工事を薩摩藩に命じたことから、この話は始まる・・。
宝暦五年三月二十八日、油島のしめきり工事を最後として、百二十か所にまたがった普請も、無事完成した。
幕府からは、その出来ばえを正式に調べるため、江戸からこの地へ役人がやってきた。
検査は厳しく行われたが、何一つ落ち度はなかった。
さすがの幕府の役人も、「お手伝い御普請、けっこうにできいたしてござる。」と、ついほめことばを出すのであった。
薩摩の総奉行平田靱負は、五月二十四日、工事の検査が無事行われたことを、詳しく手紙に書いて国元へ報告した。
(『千本松原』あかね書房)

指示1:

今から立って2回読みなさい。
読めない漢字はとばして読んでもかまいません。

読み終わった後、難しい言葉の意味や補足をする。

発問1:

検査が無事終わったことを国元に報告した平田靱負はこの後どうしたと思いますか。

指示2:

ノートに書きなさい。

「平田靱負は、あくる日の25日に切腹をした」ことを教える。

発問2:

平田靱負はどうして切腹をしたのだと思いますか。

指示3:

ノートに書きなさい。

説明1:

普請は完成したが、40万両という最初の見積もりの3倍近く金を使い薩摩藩に大変な借金をこしらえたこと、また、家来の53人が切腹、33人が病死したことの責任をとろうとしたのです。
平田靱負は、責任をとって死んだのに、薩摩藩はそのことをかくして急死ということにしました。

発問3:

なぜそのようにかくしたのでしょうか。

幕府をおそれる理由については考えにくいと思うので、次の説明をして授業を終える。

説明2:

将軍は大名に対して大変強い力を持っていて、大名は将軍にいつ取りつぶされるかと、いつも恐がっていました。
そのため、たくさんの借金をこしらえても、文句が言えず、幕府からにらまれないようにしていたのです。

TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標4468327号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド