TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/23 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3107985 更新:2012年12月31日

赤ペン指導のポイント


赤ペン指導により、子どものやる気を引き出すこともできる。
子どもとの信頼関係を築くこともできる。
赤ペン指導のポイントは、以下である。

1.子どもの名前を入れる
2.ラブレターを書くように

たとえば、次のような書き方が考えられる。

①〇〇君、よく発言するようになったなあ
②〇〇ちゃん、昨日は手伝ってくれてありがとう
③〇〇ちゃんの字、とっても立派だ。食べたくなるほどうまい!

長い日記には長くコメントを書くようにする。
担任したクラスの子で、百人一首大会で負けて悔しくて泣いたことを日記に書いてきた子がいた。
私は以下のようなコメントを書いた。

悔しくて涙を流すほどの情熱がある
これはとってもすばらしいことなんだよ。
すごい人ほど
負けをものすごく嫌がる
ものなんだよ。
そういう意味でも、A子はすごい人になる可能性をひめているね
またするから、その時は一位をとろう

基本的に、しない方がいいことがある。
それは、以下のことである。

1.誤字脱字を指摘するコメントを書くこと
2.使い方のおかしい文を指摘するコメントを書くこと
3.「これはどうなの?」と質問するコメントを書くこと

なぜか?
子どもが日記を書くことがいやになるからである。
名前を入れて、ラブレターを書くようなコメントを、
子どもは心待ちにするのである。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド