TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/08 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9922474 更新:2012年12月31日

教育出版5年上「言葉と事実(説明文)」福沢周亮 第3時


①・②段落の要約を行う。

漢字スキル5分。
その後、音読練習。

指示1:

全員起立。
全文を一回音読したら座りなさい。

要約を行うために、まずは体言止めの授業を追試した。(伴一孝氏の実践)

指示2:

「ゴクウは昨日ナメック星へ行った。」
この文を、ゴクウで終わるようにしなさい。ノートに書いたら、持ってきます。

(昨日ナメック星へ行ったゴクウ。)
となる。
この後、昨日で終わる文を作らせた。
(ゴクウがナメック星へ行った昨日。)
(ゴクウはナメック星へ行った。昨日。)
最後に、ナメック星で終わる文を作らせた。
(ゴクウが昨日行ったナメック星。)

説明1:

今から、各段落を要約します。
今やったように、一番大事なキーワードで終わるように要約します。
「体言止め」と言います。

指示3:

形式段落の①、20文字で要約できたら黒板に書きなさい。

4年生の時に、要約指導を経験しているので、これだけの指示でできる。
①の私の解は、「イソップ童話に出てくるうそつき少年」だ。
「イソップ少年」と「うそつき少年」というキーワードが出たら、3点ずつ。
うそつき少年という言葉で終わっていたら、+2点。
文におかしなところがなければ、+2点として、10点満点で評定した。
最初は、ほとんど、3、4点である。
評定した後に指示した。

指示4:

もう一度、書いて持ってきなさい。

どの子も、二回目を書いて持ってきた。
必死にキーワードを教科書から探していた。
2回目も評定。ここで10点満点が出る。10点満点の要約をノートに写させた。

指示5:

形式段落の②、20文字で要約できたら黒板に書きなさい。

「事実と結びつけて使うことが大切な言葉。」
同様に、評定していく。一度で10点満点が出るようになる。

指示6:

形式段落の③は、問いの段落なので、やりません。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド