TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/27 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4680113 更新:2012年10月16日

スマートボードを使った工場見学の発表指導


スマートボードを使った工場見学の発表指導

しょうゆ工場見学で学習したことを1人1人スマートボードで写真を提示しながら発表できるようにした。
学習発表会で保護者に向けて発表した。

1 工場見学で写真を撮る

子どもたちは見学メモに集中しているので、教師がデジカメで撮影する。
ポイントは一つ一つのものをいくつかのアングルで撮影することだ。
例えばしょうゆ作りに使う材料。工場では大豆、小麦、食塩が並んで展示されているところがあった。
ここでは三つの材料が並んでいる写真、それぞれの材料の写真、材料と展示資料が一緒に写る写真を撮影する。
このように同じものでもいくつかパターンを変えて撮影しておくと後で役立つ。
私は約140枚の写真を撮影した。

2 写真を取り出す

見学で撮影した写真は130枚を超えた。
これらの写真を縮小印刷してA4サイズ一枚に30枚くらい印刷する。
このようにして印刷し、写真の1つ1つに番号をふる。
これを各班に配布し、次のように指示する。

指示1:

発表に使いたい写真を6つ選びます。

子どもたちに下のようなワークシートを配布する。
これが写真1枚分で実際のワークシートは同じ形式で写真6枚分ある。
左側の四角には写真の番号とどんな写真か簡単な説明書きを入れる。
そして右側の罫線にはその写真についての説明を書かせる。
これが発表原稿にそのままなるのである。

この作業に4時間使った。

3 写真の編集

スマートボードに一人一人が写真を提示して発表する。
パワーポイントやスマートノートブックなどのソフトは使わない。
Windows付属の「Windows 画像FAXビューア」(Windows VistaであればWindowsフォトギャラリー)で十分である。
写真ファイルをダブルクリックすると通常起動するソフトである。
子ども一人につき一つのフォルダを作る。
フォルダ名は子どもの名前にしておくとよい。

このフォルダに子どもが発表で使う写真をコピーしていく。
コピーした写真のファイル名を変更する。
子どもが発表する順番に数字のファイル名にする。
その後、ファイルの並び替えを行うと1から6の順番に並び変えられる。
この状態で1の写真をクリックすると1の写真が表示される。
写真が提示されたら、FAXビューアの「次の写真」をクリックすれば、2枚目、3枚目と順番に表示されていく。
あとはスマートボードに提示して、発表の時にはその子のフォルダを開いて、1のファイルを開けば発表が始まる。
この操作を子どもに指導すれば、本番の発表は子どもたちが自分で準備し、発表することができる。

4 発表の練習

事前に2回、実際にスマートボードを使って発表の練習をさせた。
1回目は原稿を見ながらスマートボードの操作を中心に指導。
2回目は原稿を見ずに、聞く人にわかりやすい声の大きさで発表できるか個別評定した。

準備期間は6時間で本番を迎えることができた。
3年生でもスマートボードを使ってプレゼンテーションすることができる。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド