TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/26 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320268 更新:2012年12月30日

掃除をさぼった子を叱るよりは・・・


 ある先生から掃除の時間のことを聞いた。
 T君とN君が掃除をさぼってパソコンゲームをしていたのだそうだ。
 その先生から一度、二人は注意されている。
 一応、6年生全体に模範となるようにという話をしてほしいと言われた。
 どんな指導をするか。
 T君は他のことで今朝も叱ったばかりだ。
 また直接叱れば、T君はますます反抗的な態度を強めてしまうかもしれない 。
 一方、M君、Wさん、F君の3人の掃除は素晴らしかった。
 これをほめよう。

 以下、話した内容である。

説明1:

 「すごいなぁ。」
 掃除を見ていてそう思いました。
 何がすごかったんだと思いますか。
 今、僕は3年生教室の方を担当しています。
 そこの班の人たちがすごいんです。素晴らしいのです。
 何が素晴らしかったか。3つあります。
 1つ目。F君のまとめ方、言い方です。
 「早く並んで」「はよならぼうや」という言い方ができます。
 たしかに「はよ、並べ!」とかきつい言い方をするときもあります。
 だけど、そのすぐ後に優しい言い方に変えようと努力しています。
 気をつけているのがよくわかります。
 気をつけようとするその心がけが素晴らしいと思いました。
 2つ目。WさんのG君(1年生・やんちゃ)への接し方です。
 G君、言うことをなかなか聞いてくれないことも多いけど、Wさんはよくこらえて優しく接しています。
 言い方が優しいのです。関わり方が優しいのです。
 しかも、1日や2日だけではありません。ほとんど毎日です。
 これも素晴らしいと思いました。
 3つ目。M君です。
 M君は、トイレ掃除でした。
  でも、ふと見たら職員玄関にいたのです。箒を持って。
 普通なら靴に履き替えるだけでも面倒くさいなぁと思ってしまうはずです。
 でも、それを面倒くさがらなかった。
 自分が終わったら終わりじゃなくて、他の人の手伝いをした。
 これも素晴らしいことだと思います。
 この3つは当たり前のことです。
 でも、当たり前のことを当たり前にやるのはとても難しいのです。
 考えてみてください。今日、みなさんはどれだけ掃除をがんばれましたか。
 (「できなかった」という子が多い。T君もできなかったことを口にしていた。)
 当たり前にやるというのがどれだけ難しいかわかると思います。
 イチローが帽子やサングラスをつけて目を守ったり、刺激の少ない飲み物を選んだりするのと一緒です。
 当たり前のことほど難しいのです。
 それができるからこそ超一流なんです。
 今日紹介した3人の人たちは、縦割り班の班長として、6年生としてどこに出しても恥ずかしくない人だと思います。

  ここまで話すと、誰かが「先生、拍手しよう」と言った。
  みんなで拍手をして、話を終わった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド