TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/11/15 現在)

21537
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9695127 更新:2012年12月30日

2進法の学習 (袴田雅義氏実践)


Web版 中学学級指導大事典 Ⅱ数学

 

1. 2進法の学習

(袴田雅義氏実践)

『日本教育技術方法体系 第15巻 中学学級指導大事典 Ⅱ数学』をWebコンテンツにしました。

2進法の学習方法としては、
(1)10進法との比較など、記数法の原理から学習する方法、
(2)電球の点滅など教具を使う方法、
(3)タイミングチャートなど視覚に訴える方法
があるが、試しにやってみたところ、生徒が一番のってきたのは、指で数えていく方法であった。

説明1:

ちょっとこの写真を見てください(タイムライフ『数の世界』より)ニューギニアの未開人はこのようにして数を数えます。
ではみんなでやってみましょう。先生のあとについて・・・まず「1」・・・(略)・・・「20」と、これでみんなも立派なニューギニア人です。

手やからだの一部を使って、数をあらわす。笑いが聞こえるが、目は真剣だ。

 

発問1:

今度は指だけ使って数を数えて見ましょう。両手でいくつまで数えられるでしょうか。近くの人と30秒間話してみてください。

予想を言わせた上で、

指示1:

指示 まず片手だけで考えてみましょう。右手を顔の前に出して。
まずはジャンケンのグー、これを0とします。
次に親指を立てて「1」。
「2」は繰り上がって人差し指を立て親指をねかせます。

発問2:

では「3」はどうなるでしょうか。近くの人と2分間話し合ってください。

説明2:

「3」は2に1足せばよいので、人さし指と親指を立てた状態になります。

では、片手でいくつまで数えられるかやってみてください。

 子どもは指が思うように動かないと大きな声を出しながら数える。この方法だと片手で25=32種類(0~31)、両手で210=1024種類(0~1023)まで数えられる。

 次に、指を立てることが「1」、握ることを「0」として、2進法の書き方の授業にはいっていく。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド