TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/26 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4875880 更新:2012年12月30日

言葉について考えよう(4)


次のを板書して指示。

板書   ① 窓ガラスが、割  てしまいました。
      ② 窓ガラスを、割  てしまいました。

指示1:

あいている所にふさわしい一文字を入れて写しなさい。

① 窓ガラスが、割れてしまいました。
② 窓ガラスを、割ってしまいました。

発問1:

それぞれ、どんな場合にふさわしい言い方でしょうか。

【予想】
 ①の方         ②の方
 ・ごまかすとき     ・自分がしたとき

上のように、子どもたちの意見をまとめていく。 

説明1:

自分がこの現場に居あわせた時、自分が先生に報告したとします。
①の時と②の時に分けて、どんな場面なのか作文してみます。
(次の板書をして説明した。)

板書   1.事件の起こる前の状況
      2.その時自分はどうかかわっていたか
      3.「窓ガラス  割  てしまいました。

と言った。  

説明2:

この1,2を書いて、「窓ガラスが割れてしまいました。」とか「割ってしまいました。」とか書くわけです。

指示2:

2つの作文を書くんですよ。

①、②の作文を発表させる。
次に、①②の意見をまとめたところに戻って説明する。
例)「ごまかすとき」これは○だね。
説明の後、次を板書する。

板書   言い方によって○○があるかないかが分かってくる。

漢字であることを教えた後、難しい子のためのヒントを一つずつ出す。

第一ヒント  ひらがなで「ん」がある。
第二ヒント  ひらがなで「き」がある。
第三ヒント  4音の言葉である。 

答えは「責任」である。

Copyright (C) TOSS All Rights Reserved.
TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標5027143号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド