TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/20 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2140399 更新:2012年12月30日

雨水利用


発問1:

雨、たくさん降ると何がおきますか?(洪水)

説明1:

平成11年、平成16年。福岡市は深刻な洪水の被害を受けました。

発問2:

逆に雨が全く降らないと何がおきますか?(水不足、渇水)

説明2:

昭和53年、平成6年。これまた福岡市。水道から自由に水が使えない日が200日以上。深刻な水不足のひがいにあいました。

説明3:

水による災害を度々受けてきている福岡市、この原因の一つとして、「宅地化」という問題があります。

説明4:

宅地というのは、ビルや店や家が建っている場所です。発問:明治33年の福岡市。赤い部分が宅地です。

発問3:

平成11年。二つを比べて何か気がついたことはありませんか?(赤い部分が増えている。宅地が増えている。)

説明5:

宅地が増えることに伴って、人口も増加しました。そして、水の使用量も増えてきました。そのため、水不足がおきやすくなったのです。

説明6:

宅地が増えることに伴って、人口も増加しました。そして、水の使用量も増えてきました。そのため、水不足がおきやすくなったのです。

説明7:

また、宅地になる前は、土の中にしみこんでゆっくりと川に流されていた雨水も、宅地になったことにより、溝や下水を通ってすぐに川へ運ばれるようになりました。そのため大雨が降ると川の水が増水し、すぐに洪水になってしまうのです。

指示1:

このような問題を解決するために、ある計画が進められています。みんなで読みます。(棚田化計画)

説明8:

棚田とは、段々になった田んぼのことです。棚田には次のような特徴があります。
まずは、保水。水を蓄えておくことができる。
洪水調整機能。降った雨が棚田から地面に蓄えられるので、洪水が起きにくくなるのです。

発問4:

水の災害の多い福岡を棚田にしてしまう。この計画できると思う人?

発問5:

無理だよね。しかし、この棚田化計画、実は棚田を作るのではなく、あるものを利用するのです。それがこのタンク。何を入れると思いますか?

説明9:

降った雨を、タンクに溜め込むので、すぐに川に流れ込むのを防ぎます。洪水がおきにくくなる。

発問6:

また、この雨水、日常生活にもいろいろと利用できますよね。皆さんならどんなことに利用しますか?(庭の水やり、洗車)

説明10:

水道水の節水にもつながります。

発問7:

仮に福岡市の全ての家庭にこのタンクを設置すると、どれくらいの節水になると思いますか?
  ア:プール1つ分
  イ:福岡ドーム1つ分
  ウ:ダム一つ分
(正解はウ)

説明11:

:南畑ダム一つ分の節水になるのです。

説明12:

雨水を上手く利用することによって、福岡市の水の災害も減らせることができるかもしれませんね。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド